最新記事

ファッション

カナダのイケメン首相はなぜ突然ひげを生やしたか

Rebranding His Face

2020年1月25日(土)14時00分
クリスティーナ・コーテルッチ

白髪交じりのひげは若いリーダーに威厳を与える効果もありそうだが ADAM SCOTTIーPRIME MINISTER'S OFFICEーHANDOUTーREUTERS

<トルドー首相のひげがちょっとした話題に......政界の新しい流行? それとも過去の不都合な画像を隠したいネット検索対策?>

カナダのジャスティン・トルドー首相の容貌がちょっとした話題になっている。大学3年生の男子学生みたいに、冬休みが明けるとひげをたくわえていたのだ。

トルドーがひげを伸ばすのは初めてではない。10年前には、薄い口ひげとソウルパッチ(下唇の下に剃り残したひげ)をたくわえていたし、口ひげと砂時計型のあごひげを生やした時期もあった。

いずれもおしゃれとはお世辞にも言えなかったが、理解はできた。公職者のひげとして許容範囲内だったし、両方とも野党時代の話だ。反体制の戦闘的な政治家という雰囲気を醸し出す上では効果的だったのかもしれない。

でも今回は? なぜひげを生やしたのか。なぜこのタイミングだったのか。

すぐに思い付く理由は、ネット検索対策だ。タイム誌は昨年9月、2001年に顔を茶色に塗ってパーティーに参加したトルドーの写真を掲載した。こうした「ブラウンフェース」の仮装は人種差別的とされている。トルドーは謝罪し、高校時代のイベントで顔を黒塗りにする「ブラックフェース」の仮装をしていたことも打ち明けた。

その直後、ブラックフェースでアフロヘアのウィッグを着けた1990年代の動画も流出。こうした画像がさらに存在する可能性を排除できないと、本人も述べている。

ついこの前まで「トルドー」「顔」というキーワードでグーグル検索すると、ブラウンフェースやブラックフェースに関する記事が大量にヒットした。でも今はひげについての記事が上位に並び、過去の不都合な情報をある程度は打ち消せたかもしれない。

ひげが変えられない過去

もう1つ考えられる理由は、流行に乗ったというものだ。隣国のアメリカではこの2年間に、ひげ面の2人の有名政治家が登場している。テッド・クルーズ上院議員とベト・オローク前下院議員だ。2人ともテキサス州が地元の政治家だが、この流行がほかの地域に広がっても不思議はない。

政界のファッションは旧態依然に見えるかもしれないが、世界的な2つのファッショントレンドが十数年遅れで政界に到達しつつあるとも考えられる。1つは、ビジネスウエアのカジュアル化だ。2017年には米議会でノースリーブの服の着用を禁じる規則に対して、女性議員たちが抗議した。バラク・オバマ前米大統領は09年、大統領就任初日にスーツの上着を脱いで仕事をした。

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月