最新記事

追悼

【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無二の追悼ジェスチャー

Watch Kobe Bryant Tributes, From 'Kobe' Chants to the '24' Second Clock

2020年1月27日(月)15時00分
スコット・マクドナルド

2007年、上海でファン・イベントに参加したときのブライアント Aly Song-REUTERS

<レジェンドの不慮の死を知った直後のNBAの試合で、選手たちはブライアントのためだけのスペシャルな別れの告げ方をした>

NBAの元スーパースター、コービー・ブライアント(41)が事故死した日、スポーツ界は偉大なアスリートの訃報を聞いて悲しみに沈んだ。

1月26日(日)の朝、ブライアントと娘のジアナ(13)が乗っていたヘリコプターがロサンゼルス郊外に墜落し、搭乗していた9人全員が死亡した。

同日午後、サンアントニオ・スパーズのホーム、テキサスのAT&Tセンターで行われたスパーズ対トロント・ラプターズ戦では、両チームが相談の上、試合開始のジャンプボールに勝ったほうは24秒ショットクロック(攻撃側のチームは24秒以内にリングにボールを当てなければならないルール)を守らずにドリブルで時間を使い切ることで合意。最初にボールを得たラプターズの選手は、24秒間シュートを打つことなくバイオレーション(反則)のコールを受けた。ロサンゼルズ・レイカーズでプレイしていたときのブライアントの背番号「24」と「24秒ルール」を掛けたユニークな追悼のジェスチャーだ。

両チームの合意はここまでだったが、次にボールを受けたスパーズがフロントコートまでボールを運ぶと、ヘッドコーチのグレッグ・ポポヴィッチの指示によって、スパーズもやはりシュートを打たずにショットクロックを使い切った。

観客はバイオレーションがコールされるたびに手を叩いて立ち上がり、会場は「コービー、コービー!」の大合唱に包まれた。

アメリカン・フットボール界も、NBAのレジェンドの突然の死を悼んだ。フロリダ州オーランドで行われたNFLプロボウルでは、キャンピングワールドスタジアムの大スクリーンにブライアントの姿が映し出され、選手とファンが共に黙祷を捧げた。

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

ニュース速報

ワールド

休校はあくまで要請、法的拘束力ない 学童には開所依

ワールド

必要なら思い切った対策=新型ウイルスの経済への影響

ワールド

シリア北西部でトルコ兵33人死亡、アサド政権軍の空

ワールド

サウジ、日本含む7カ国への電子観光ビザ発給を一時停

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 4

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 5

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    すでにTOEIC960点越え、日本の第一人者に「国産」機…

  • 10

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 7

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月