最新記事

ブレグジット

イギリス上院、EU離脱関連法巡り政権の意向に反する修正案可決

2020年1月21日(火)08時56分

英議会上院は、EUから離脱するための条件などを盛り込んだ関連法案について、離脱後も英国に住むEU出身者の在留資格を保証する内容の修正案を賛成270票、反対229票の賛成多数で可決した。写真はジョンソン首相。ベルファストで13日代表撮影(2020年 ロイター)

英議会上院は20日、欧州連合(EU)から離脱するための条件などを盛り込んだ関連法案について、離脱後も英国に住むEU出身者の在留資格を保証する内容の修正案を賛成270票、反対229票の賛成多数で可決した。

議会がジョンソン首相の意向に反する動きに出たのは、首相率いる与党・保守党が圧勝した昨年12月の総選挙以降で初めて。

EU離脱関連法案は今月9日に下院を通過しており、上院で審議が行われている。保守党は上院で過半数を占めていないものの、法案通過が阻止される可能性は低い。ただ、上院は複数の修正を求めている。

可決された修正案は、ブレグジット(EU離脱)後も要件を満たしているEU出身者が、申請しなくとも自動的に在留資格を得ることを可能にする内容となっている。親EU派の自由民主党が提出していた。

また、EU出身者に物理的な在留資格認定証明書を付与することを政府に義務付けている。政府はこれまで、パスポートにリンクする「安全なデジタル証明」を付与する方針を示していた。

欧州議会で英離脱問題の責任者を務めるフェルホフスタット議員は前週、英国がEU市民に物理的な証明書を付与する可能性を検討しているとの話を英政府から聞いたと述べたが、ジョンソン氏の報道官はそのような計画は承知していないとコメントしていた。

英上院は、ジョンソン政権の意向に反する別の2件の修正案も可決。両案とも、ブレグジット後に英国内の裁判所に、EU司法裁判所の判断から逸脱する権限を与えるかどうかに関するものだ。

21日には、政権側の意向に反するさらに別の修正案の採決も予定されており、可決が見込まれている。難民の子供の保護を保証する内容で、メイ前首相が公約していたが、今回の関連法案には盛り込まれなかった。

上院が可決した修正案が成立するには、下院の承認が必要で、否決される可能性もある。

[ロンドン 20日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200128issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月