最新記事

東京五輪

東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

2019年12月9日(月)18時00分
松丸さとみ

定められた水温の上限は31度だが、お台場は30.5度まで上がった...... 写真はトロント Erich Schlegel-USA TODAY Sports-REUTERS

<米国のオープン・ウォーター・スイミング(OWS)関係者からも、会場を変更してほしいという声が上がっている......>

水温の高さと水質の悪さで競技参加に不安

東京五輪の会場について、11月にはマラソンと競歩で気温を理由に東京都から札幌に変更されたばかりだが、米国のオープン・ウォーター・スイミング(OWS)関係者からも、同様の措置を取ってほしいという声が上がっている。米AP通信が12月4日6日にそれぞれ報じた。

OWSは、海や川など屋外で長距離を泳ぐ競技だ。東京五輪ではお台場海浜公園で10キロのマラソン・スイミングが行われる。しかし米国の同競技関係者は、会場をお台場から富士山の麓にある湖に移してくれるよう、密かにロビー活動を行っているという。気温・水温の高さと水質の悪さへの不安からだ。

OWSの米五輪チームのキャサリン・ケイス監督はAP通信に対し、「マラソン選手が(競技中に)意識を失って倒れた場合、打撲やけがで済むかもしれない。しかしもしOWSでそんなことがあったら、命取りになりかねない」と述べた。

国際水泳連盟が定める水温の上限は31度だが、今年8月にお台場で行われたテスト大会では30.5度まで上がった日もあったという。ケイス監督によると、米国の選手たちは水温が29.45度を超えた場合、参加を見合わせるようにアドバイスされている。とはいえ、レースに出るか否かを判断するのは選手自身であり、五輪のような大きな大会であれば、「出場するプレッシャーを感じる可能性が高い」と同監督は説明する。

東京五輪出場が決まっているヘイリー・アンダーソン選手は、「毎年大きな大会があるNBA(バスケットボール)などとは違い、水泳は4年に1度しかない」と指摘。「五輪には出たい。でもどんな代償を払うのか」と不安をのぞかせる。

同選手は、8月のテスト大会に出場した際、4分の1もいかないところで棄権した。気温も水温も高かったため、泳ぎ続けるのは危険だと判断したためだ。

先日行われた全米オープンで、東京五輪の会場変更について意見を求められたアンダーソン選手は、「選手はレース場所を選べない」とフラストレーションを口にしつつ、「ただ、もっと安全なところがいい」と本音を打ち明けたという。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英失業率4─6月は3.9%、就業者数は09年以来の

ビジネス

独バイエル、英バイオ企業を買収へ 更年期症状改善薬

ワールド

インド前大統領が新型コロナ、人工呼吸器装着との報道

ワールド

モーリシャス沖で座礁の貨物船、1800トンの油なお

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月