最新記事

韓国政治

韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

A Savior for Conservatives?

2019年12月4日(水)19時40分
テジョン・カン

複数の政党が洪を仲間に引き入れようと躍起になっているようだ YONHAP NEWS/AFLO

<文在寅側近の曺国前法相とまるで同じ展開、実業家の洪政旭は危機を乗り越えられるか>

韓国の最新世論調査によれば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前回調査から0.9ポイント下がって46.9%だった。2017年5月の就任直後には80%超の驚異的な支持率を記録した文だが、今は50%を下回る低空飛行が続いている。

支持率低下の大きな要因は、側近の曺国(チョ・グク)前法相をめぐるスキャンダルだ。文政権に不公正な社会慣行の撲滅と正義の実現を期待した多くの韓国人は、この一件にひどく失望させられた。

政治アナリストの間では、野党の保守派にとって国民の支持を取り戻すチャンスだという声が上がっている。問題は誰がそれを主導するかだ。最大野党・自由韓国党(旧セヌリ党)は、特に朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾訴追以降、厳しい状況が続いている。

現時点でよく名前が上がるのが、実業家の洪政旭(ホン・ジョンウク)だ。洪は韓国で最も影響力のある英字紙の1つコリア・ヘラルドを傘下に持つヘラルド・メディアの元会長で、2008年から2012年まで当時の与党ハンナラ党(2012年セヌリ党に改称)の国会議員を務めた。

政治家時代は、2つの主要政党間のギャップを埋めることに尽力した。韓国政界では日常的な光景だった国会での乱闘騒ぎに加わらないよう同僚を説得。オープンな議論のため、野党陣営の議員に接近することもいとわなかった。

最終的には、野党との合意の努力抜きで法案成立を強行した自党に抗議して議員の職を辞し、ビジネスの世界に戻った。だが、政界復帰を期待する声は今もある。

違法薬物の密輸で逮捕

本人は最近まで政界復帰に興味がなさそうに見えたが、今年5月になって所有するヘラルド・グループの株式47.8%を売却。政界復帰のサインではないかと、観測筋は色めき立った。洪がソーシャルメディアに韓国政治の現状を批判する文章を投稿すると、サインはさらに鮮明になった。

来年4月に総選挙を控える各政党は、躍起になって洪を仲間に引き入れようとしているらしい。市場も敏感に反応した。洪が政治的発言を行った後、釜山の放送局KNNの株価が18%強も急騰した。KNNは洪の姉が50%の株式を保有している。

だが9月、状況は暗転する。洪の19歳の娘が大麻やLSD、アデロールなどの違法薬物を密輸しようとした容疑で仁川国際空港の税関当局に摘発されたのだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国で輸入冷凍食品から新型コロナウイルス、一部が輸

ワールド

中国、国内向けマカオ観光ビザ発給9月に再開 カジノ

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 予想も下回

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月