最新記事

通信業界

ファーウェイはなぜ米FCCを提訴したのか?

Huawei Lawsuit: Why is the Chinese Tech Giant Suing the FCC?

2019年12月6日(金)18時27分
ドーン・ゲスク

利益度外視で米農村部に投資しようとする会社はファーウェイの他にはそうないと主張 Aly Song-REUTERS

<「安保上の脅威」を理由に米通信事業者が補助金でファーウェイ製品を調達することを禁止したのは偏見だと主張>

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は5日、地方通信事業者が国の補助金を使って同社製品を購入することを禁じた米連邦通信委員会(FCC)の決定は法律に違反しているとしてアメリカの裁判所に提訴した。

ファーウェイによれば、FCCは同社を国家安全保障上の脅威に指定した際に「法の適正手続きによる保護」を同社に与えなかった。このため禁止措置は「違法」になるという。

FCCは11月、ファーウェイと中国政府の関係に対する懸念から、通信業者への補助金プログラムから同社を排除した。トランプ政権も5月に同社をブラックリストに掲載、米企業が適切な認可なしに同社と取引することを禁止した。

ファーウェイは、FCCの恣意的な認定は根拠もなければ適切な証拠や正当な論拠、分析にも欠け、合衆国憲法など複数の法律に違反していると主張している。

ファーウェイはまた、FCCは同社が提起した反論や事実を無視しているばかりか、補助金プログラムからの排除が農村部の住民や企業に与える影響について、地方の通信業者が21回にわたって詳細に説明した内容も無視していると主張した。

地方の通信事業者が倒産する恐れ?

「中国系の企業だという理由だけでファーフェイのような企業を排除することは、サイバーセキュリティ上の課題の解決につながらない」と、ファーウェイの宋柳平・最高法務責任者最高法務責任者は記者会見で述べた。

「モンタナやケンタッキーの小さな町やワイオミングの農場といったアメリカ各地の地方の通信事業者がファーウェイをパートナーとして選んだのは、わが社の機器の品質を高く評価したからだ」と宋は述べた。「FCCはアメリカの農村部をつなぐことを目指した(通信事業者との)合同の努力を断ち切るべきではない」

宋はまた、ファーウェイは地形上の悪条件や少ない人口といった問題にも関わらず、米農村部での事業に前向きな数少ない企業の1つだと述べた。また、FCCのファーウェイ排除政策により数億ドルのコストが生じ、一部の小規模な通信事業者は倒産に追い込まれるかも知れないと主張した。

ニュース速報

ワールド

インド前大統領が新型コロナ、人工呼吸器装着との報道

ワールド

モーリシャス沖で座礁の貨物船、1800トンの油なお

ビジネス

楽天、1-6月期は274億円の純損失 年間配当は未

ワールド

米、香港製の輸出品に「中国製」と表記義務付け 9月

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月