最新記事

K-POP

元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

Goo Hara Fans Petition for Further Investigation Into Assault Allegations

2019年11月26日(火)17時20分
スー・キム

ク・ハラは元恋人からの性的暴行で傷ついていた Chung Sung-Jun/REUTERS

<K-POP界では元「f(x)」(エフエックス)の元ソルリが先月、自殺したばかり。ク・ハラの死は、彼女に性的暴行をしたとして裁判沙汰にもなった元恋人チェ・ジョンボムのせいだとファン激怒>

韓国の女性アイドルグループ「KARA」のメンバーだった歌手ク・ハラが、11月24日に死亡しているのが発見されたことについて、韓国の地元警察は声明を発表。「犯罪が疑われる不審な点は見つからなかった」と述べた。また、ハラ本人の手書きによる身辺を悲観するメモがリビングで見つかったというが、詳細は明らかにされていない。

ハラが遺体で発見されたのは、ソウル市江南区の清潭洞(チョンダムドン)にある自宅だった。

ソウル地方警察庁トップの李龍杓(イ・ヨンピョ)は声明で、「昨日(11月24日)午後6時、ク・ハラの家政婦が彼女の遺体を発見した。現場検証ならびに遺族の証言によると、犯罪が疑われる不審な点は何もない」と述べた。

「防犯カメラの映像を分析した結果、ハラは11月24日午前0時35分頃(現地時間)に帰宅したと確認された。彼女が死亡したのはそのあとだと推定される」

「家政婦はかなり以前からク・ハラと親しくなっていた。自宅を訪れたのは、ク・ハラに連絡を取ろうとしたが返事がなかったためだ」

「自宅のリビングにあるテーブルの上で、手書きのメモが発見された」

元恋人への怒りが爆発

ハラの死亡報道をきっかけに、ファンは、ハラの元恋人チェ・ジョンボムに対する怒りをあらわにしている。ハラは2018年、チェから、2人のセックスを録画した動画をネット上に流出させると脅迫されたとして裁判を起こしていた。

ソウル中央地裁はチェに対し、暴行、脅迫、強要に加え、器物損壊で有罪判決を下したが、性的暴行については無罪にしたと、K-POPサイト「allkpop」は伝えている。

ク・ハラのファンはソーシャルメディア上で、チェに対する疑念と怒りを改めて表明。ハッシュタグ「#Punish_Choi Jong-bum(チェ・ジョンボムを罰せよ)」を使いながら、ハラへの性的暴行容疑について再捜査を行うよう訴えている。

アカウント@nunuseokieは、ツイッターでこう書いている。「ハラの元恋人チェ・ジョンボムは、彼女に暴言を吐き、身体的かつ性的虐待を加えたのに、執行猶予の判決しか出ていない。チェは犯罪者であり、もっと重い刑罰を受けて当然だ。ハラは体を壊し、親友を失った。もう遅すぎるけれど、彼女には正義が捧げられるべきだ」

また@bpteapartyは以下のようにツイートした。「K-POPの熱狂的ファンのみんな、ク・ハラに性的虐待をした男を刑務所にぶち込もう。裁判は続いていて、あいつはいまだに自由の身だ。もうハラは救えないけれど、彼女や虐待を受けた女性すべてに正義をもたらすことはできる」

この投稿をInstagramで見る

재밋다ㅎㅎㅎ

구하라(@koohara__)がシェアした投稿 -

ニュース速報

ワールド

中国で輸入冷凍食品から新型コロナウイルス、一部が輸

ワールド

中国、国内向けマカオ観光ビザ発給9月に再開 カジノ

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 予想も下回

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月