最新記事

米空軍

謎だらけのアメリカ空軍の無人宇宙機「X-37B」、約2年ぶりに軌道周回飛行から帰還

2019年10月31日(木)18時00分
松岡由希子

X-37Bは780日間に及んだミッションから地上に帰還-US Air Force

<米空軍の無人スペースプレーン「X-37B」が、史上最長となる780日間の軌道周回飛行を終えて、ケネディ宇宙センターに無事帰還した......>

アメリカ空軍(USAF)の無人スペースプレーン「X-37B」は、2017年9月7日に米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からスペースXの打ち上げロケット「ファルコン9」で打ち上げられ、史上最長となる780日間の軌道周回飛行を終えて、2019年10月27日、フロリダ州ケネディ宇宙センターに無事帰還した。

再使用型スペースプレーンの重要性を実証?

「X-37B」のミッションは機密扱いであるため、偵察活動や宇宙兵器の実験に使われいるのではと憶測を呼んでいた。詳細は明らかにされていないが、小型衛星の輸送のほか、空軍研究所(USAF)の実験用電子機器や自励振動ヒートパイプ(OHP)技術の長期の宇宙環境下でのテストなどに用いられたとみられる。

「X-37B」は1999年にアメリカ航空宇宙局(NASA)のプロジェクトとして開発がはじまり、その後、アメリカ空軍に移管された。

「X-37B」のミッションは2010年4月以降、これまでに5回行われている。アメリカ空軍のバーバラ・バネット長官は、このほどX-37Bが帰還したことを受けて「『X-37B』は再使用型スペースプレーンの重要性を実証し続けている。次々と続くミッションによって、米国の宇宙分野での能力が向上している」と成果を強調。

デビッド・ゴールドフィン参謀総長も「『X-37B』が軌道周回飛行の最長記録を更新した後、無事帰還したことは、政府と産業界との革新的な連携の賜物だ」と高く評価している。

高さ2.9メートル、長さ8.9メートル、翼幅4.5メートルの「X-37B」は、スペースシャトルを小型化したような形状をなしている。

100405-O-1234S-001.JPG

2010年4月に撮影された「X-37B」- US Air Force

2020年にも再び打ち上げ予定

「X-37B」の姿は、ミッション期間中、オランダでもとらえられている。オランダのアマチュア天体写真家ラルフ・ヴァンデヴェルグ氏は、6月30日と7月2日に「X-37B」とみられる物体を撮影することに成功した。

アメリカ空軍では、2020年にも再び「X-37B」を打ち上げ、第6回目のミッションを行う計画だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英就業者数、9─11月は1年ぶり大幅増 失業率は4

ワールド

新型肺炎の死者6人に、感染者は中国国外も合わせ30

ビジネス

アングル:日銀に広がる景気強気論、リスク要因多くF

ワールド

第2段階合意で関税の全面撤廃ない、米財務長官が見解

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月