最新記事

米空軍

謎だらけのアメリカ空軍の無人宇宙機「X-37B」、約2年ぶりに軌道周回飛行から帰還

2019年10月31日(木)18時00分
松岡由希子

X-37Bは780日間に及んだミッションから地上に帰還-US Air Force

<米空軍の無人スペースプレーン「X-37B」が、史上最長となる780日間の軌道周回飛行を終えて、ケネディ宇宙センターに無事帰還した......>

アメリカ空軍(USAF)の無人スペースプレーン「X-37B」は、2017年9月7日に米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からスペースXの打ち上げロケット「ファルコン9」で打ち上げられ、史上最長となる780日間の軌道周回飛行を終えて、2019年10月27日、フロリダ州ケネディ宇宙センターに無事帰還した。

再使用型スペースプレーンの重要性を実証?

「X-37B」のミッションは機密扱いであるため、偵察活動や宇宙兵器の実験に使われいるのではと憶測を呼んでいた。詳細は明らかにされていないが、小型衛星の輸送のほか、空軍研究所(USAF)の実験用電子機器や自励振動ヒートパイプ(OHP)技術の長期の宇宙環境下でのテストなどに用いられたとみられる。

「X-37B」は1999年にアメリカ航空宇宙局(NASA)のプロジェクトとして開発がはじまり、その後、アメリカ空軍に移管された。

「X-37B」のミッションは2010年4月以降、これまでに5回行われている。アメリカ空軍のバーバラ・バネット長官は、このほどX-37Bが帰還したことを受けて「『X-37B』は再使用型スペースプレーンの重要性を実証し続けている。次々と続くミッションによって、米国の宇宙分野での能力が向上している」と成果を強調。

デビッド・ゴールドフィン参謀総長も「『X-37B』が軌道周回飛行の最長記録を更新した後、無事帰還したことは、政府と産業界との革新的な連携の賜物だ」と高く評価している。

高さ2.9メートル、長さ8.9メートル、翼幅4.5メートルの「X-37B」は、スペースシャトルを小型化したような形状をなしている。

100405-O-1234S-001.JPG

2010年4月に撮影された「X-37B」- US Air Force

2020年にも再び打ち上げ予定

「X-37B」の姿は、ミッション期間中、オランダでもとらえられている。オランダのアマチュア天体写真家ラルフ・ヴァンデヴェルグ氏は、6月30日と7月2日に「X-37B」とみられる物体を撮影することに成功した。

アメリカ空軍では、2020年にも再び「X-37B」を打ち上げ、第6回目のミッションを行う計画だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、現地生産のテスラ車に新エネ車向け補助金の支給

ワールド

北朝鮮、来年から医療ツーリズム提供へ 中国観光客の

ビジネス

独鉱工業生産、10月は予想外の大幅低下 経済成長へ

ビジネス

国土強靭化関連株に買い、息長いテーマ 人材不足でコ

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 5

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 10

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 5

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 6

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 9

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月