最新記事

渡り鳥

渡り鳥調査で研究者に高額の通信料金請求!

Migrating Eagles Run Up Huge Cell Phone Bill for Russian Researchers

2019年10月29日(火)16時45分
K・ソア・ジェンセン

かつてはロシアからアフリカ大陸まで生息していたソウゲンワシ NickBiemans/iStock.

<渡り鳥の飛行ルートがほぼリアルタイムでわかる便利な時代、ただし鳥がイランに飛んでしまったらおしまいだ>

ロシアの研究チームが、SMS(ショートメール)を送信できるGPSを使って渡り鳥のソウゲンワシが飛ぶコースを追跡調査していたところ、データ通信料がとんでもなく高額になってしまった。ソウゲンワシが、ローミング料が高額のイランに入ってしまったためだ。

科学系ニュースサイトPhys.orgによると、ロシア猛禽類研究保護ネットワーク(RRRCN)は、絶滅危惧種のソウゲンワシを含むさまざまな鳥たちの飛行経路と生息地を追跡調査している。鳥の背中に付ける太陽光パネル付きのGPS装置はごく軽量で、座標記録を保存できる。そして、移動通信ネットワークに接続できる場所に来たときに、そのデータをSMSで送信してくる仕組みだ。


この方法だと、調査対象の鳥を再捕獲しなくても、データを分析することが可能になる。RRRCNは集めた情報をもとに、ワシの通り道には危険な送電線などの設置を止めるよう助言するなど、人間による悪影響を減らしている。

<参考記事>地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し脳を食べる行動も

座標を知らせるSMSの通信料は、通常1件につき3~23セントだ。追跡中は、鳥1羽から1日4件のメッセージが送られてくる。ところがこの夏、1羽のソウゲンワシが、研究予算をほぼ使い果たすほどの通信料を使ってしまった。

出生地であるロシアの都市ミヌシンスクにちなんで「ミン(Min)」と名づけられたこのソウゲンワシは、1年の大半を、通信サービスエリア外のカザフスタン西部に飛んで連絡が途絶えた。その後、ミンはイランに移動した。

map.jpg

サウジアラビアで越冬して

イランに着くと、それまで蓄積されていたGPSデータがものすごいペースで送られてきた。不運にも、イランではメッセージを1件送信するたび通信料が77セントもかかるのだった。通信料金は、借金をしなければならないほどに膨らんだ。

研究チームはネットを通じて寄付を募ることに成功した。ミンはその後、通信料がずっと安いサウジアラビアへ移動したようだ。鳥たちが今の場所で越冬しれくれれば、年末までの通信料は賄えるという。

<参考記事>飼い主を殺害!「世界で最も危険な鳥」

ソウゲンワシは、国際自然保護連合(IUCN)が作成した「レッドリスト」に入っており、絶滅危機にあるとされている。調査によると生息数は減少しており、成鳥の数は世界全体で7万5000羽に満たない。

ピーク時のソウゲンワシは、モンゴルからロシア、南はモザンビークに至る地域に生息していた。カザフスタンとエジプトの旗にはソウゲンワシが描かれている。

(翻訳:ガリレオ)

20191105issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月29日発売号は「山本太郎現象」特集。ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か。森達也(作家、映画監督)が執筆、独占インタビューも加え、日本政界を席巻する異端児の真相に迫ります。新連載も続々スタート!

ニュース速報

ビジネス

日経反発し493円高、ソニーは続騰し19年ぶり高値

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに119人の感染確認=小

ワールド

インタビュー:東京五輪は来年開催すべき、難局克服の

ワールド

豪シドニー近郊でクラスター発生、新型コロナ第2波へ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 9

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 10

    日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月