最新記事

米犯罪

全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

FBI Asks Public to Help Investigations into America's Most prolific Serial Killer

2019年10月11日(金)15時20分
ロージー・マッコール

全米最悪の連続殺人犯は殺害した被害者の詳細を記憶していた CNN/YOUTUBE

<93件の殺人事件を自供した73歳の男は、罪滅ぼしのために被害者の肖像画を描いた>

米連邦捜査局(FBI)は、93件の殺人を自供したサミュエル・リトル(79歳)を、全米史上最悪の連続殺人犯と断定した。リトルが自供した事件のうち、1970~2005年に全米29州37都市で発生した50件については、信ぴょう性が高いと見られている。FBIは、その他の事件についてもリトルが描いた被害者の肖像画などの情報を公開して、捜査への協力を求めている。

犯行を重ねていた時期、リトルは売春婦や麻薬中毒者、弱い立場の女性など、弱者に狙いを定めていた。こうした被害者については、警察が捜査に多くの時間を割かないだろうと計算していたようだ。

オハイオ州生まれたリトルは、全米の各州を移動し、特にジョージア州、ネバダ州、カリフォルニア州、フロリダ州で多くの殺人を犯している。ロサンゼルスだけで約20人が犠牲になった。

テキサス州で収監されているリトルから殺人の自供を引き出したのは、テキサス州公安局の職員ジェームズ・ホランドだった。ホランドは、米CBSニュースの取材に対して、リトルが「悪賢く、驚異的な記憶力を持っている」と語っている。リトルが絵を描くことを趣味にしているため、ホランドが捜査協力のために犠牲者の肖像画を描くことを勧めた。

little191011-pic01.jpg

リトルは2005年まで35年間に93人を殺害したと自供した Wise County Police

しかし、なぜリトルはそこまで多くの犯行を続けることができたのか? ホランドがリトルに「どうやって捜査を免れたのか」たずねたところ、リトルは「殺したら、街を出るのさ」と語っていたという。FBIが、リトルと未解決事件や行方不明との関連を見つけても、物的証拠はなく、疑惑しか残されていなかった。

リトルは2012年、カリフォルニア州で麻薬使用の容疑で逮捕され、1980年代以降に発生して未解決事件となっていた3件の殺人でDNAが一致し、3件それぞれの事件で終身刑の判決を受けている。

その後、リトルは93件の殺人を自供した。これまで全米史上最悪の連続殺人犯と言われていたのは、30人の女性を殺害したとして1989年に死刑執行されたテッド・バンディーだったが、リトルの自供が事実であればその3倍以上の人数となる。

「神様が微笑んでくれる」

これらの事件のすべてが確認できている訳ではない。しかしこれまでに自供したことがすべて事実だったことや、現状でリトルの自供を疑う理由がないことから、FBIは捜査への協力を求めている。

それにしても、なぜ今になって犯行を自供したのか? 捜査当局によるとリトルは健康状態が悪化しているため、信仰心から過去の罪を告白したようだ。

「自分の代わりに無実の罪で服役している人がいるかもしれない。もしそんな誰かを助けたら、神様はもっと自分に微笑みかけてくれるかもしれない」と、リトルは話してるという。

killer191011-victim01.jpg

71年か72年にマイアミで殺害した「マリアンヌ」か「マリーアン」。18歳くらいの男性だが本人は女性だと言っていたという。遺体は沼地に沈め、おそらく発見されていないとリトルは言う(FBI)


killer191011-victim02.jpg

93年にラスベガスで殺害した黒人女性。モーテルの部屋で扼殺し、遺体は郊外で遺棄した(FBI)


killer191011-victim03.jpg

84年頃、オハイオ州のストリップクラブの近くで会った当時25歳の白人女性。車内で扼殺し、遺体は「小高い丘」の上で遺棄した(FBI)

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日経平均は続落、米中対立への懸念から弱気が支配

ビジネス

10月実質輸出は前月比‐1.5%、実質輸入は-2.

ワールド

米中の「第1段階」通商合意、中国の関税撤廃要求で内

ビジネス

小学生に1人1台PCを検討、企業の内部留保活用も=

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 3

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 8

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月