最新記事

ペット

犬は健康長寿の友、新研究

Owning Dog Linked to Living Longer, Lower Risk of Dying of a Heart Problem

2019年10月9日(水)19時20分
カシュミラ・ガンダー

犬を飼っている高齢者は社会的に孤立することが少ない corners74/iStock.

<複数の研究で、犬を飼っている人が早死にする可能性は24%低く、心臓発作後に死亡する確率は65%低いなど、健康長寿にいいことがわかった>

最近の2つの研究によると、犬を飼うことは長寿につながり、心血管系の問題で死亡する可能性が低くなるようだ。

犬を飼うことが健康増進に役立つことを結論付けた最新の研究は、アメリカ心臓協会所属のサーキュレーション誌に掲載された。

スウェーデンのウプサラ大学のトーベ・フォール教授とその研究チームは、スウェーデンの国民医療と犬の飼い主に関するデータベースを使り、2001年から2012年の間に心臓発作または脳卒中を経験した40歳から85歳の患者を特定した。

この期間に心臓発作を起こした患者は18万1696人、脳卒中を起こした患者は15万4617人にのぼり、心臓発作の患者の5.7%と脳卒中の患者の4.8%が犬を飼っていた。

一人暮らしで犬を飼っていた患者は、犬を飼っていない患者と比較して、退院後に死亡する可能性が33%低かった。

人の心を動かす犬の表情


もうひとつの研究はトロント大学のキャロライン・クレイマー博士とそのチームによるもので、犬を飼っている人に関するこれまでの10本の研究結果から、飼い主がなんらかの原因で死ぬ確率を調べてメタ分析を行った。研究対象となった人の数は約3兆8370億0500万人にのぼる。

1950年から2019年5月の間に公開された研究を精査した結果、犬を飼っている人が何らかの原因で早期に死亡する可能性は、犬を飼っていない人よりも24%低いことがわかった。犬を飼っている人は心臓発作後に死亡する確率は65%低く、さらに心血管疾患による死亡の可能性は31%低かった。

社会的、身体的なメリット

獣医で分子疫学の専門家でもあるフォールは、次のようにコメントした。「社会的孤立は、健康状態の悪化や早死にの強い危険因子であることがわかっている。これまでの研究は、犬を飼っている人は社会的に孤立する危険が低く、他の人と交流する機会が多いことを示していた」

「さらに、犬を飼うことによって身体を動かす機会が増える。それはリハビリテーションの点でも、心の健康を保つ上でも重要な要素になる」と、彼女は言う。

トロント大学のクレイマー博士は自身の研究について「以前の報告では、犬を飼うことは運動量の増加、血圧の低下、コレステロール値の改善に関連していた」と述べた。「よって、犬を飼っている人の方が長生きし、心血管系の病気による死のリスクも低い。ある程度予想されていた結論だ」

<参考記事>女性のベッドのお供は......人間ではなく犬がベスト!?
<参考記事>犬連れ参拝客に人気の神社が「ペット連れ禁止」の苦渋の決断

ニュース速報

ワールド

香港、コロナ感染拡大で厳格な行動制限再導入

ワールド

タイ、入国規制を厳格化 海外渡航者2人がコロナ感染

ワールド

中国、米の台湾への武器売却巡りロッキードに制裁へ

ビジネス

英GDP、5月は1.8%増にとどまる V字回復期待

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月