最新記事

リスク管理

カナダのトルドー、「人種差別」報道へどう向き合って反転攻勢かけたか

2019年10月9日(水)17時36分

世論調査によると、トルドー氏の支持率は暴露記事の直後に落ち込み、その後は持ち直しつつある。写真は遊説演説をするトルドー氏。9月19日、マニトバ州ウィニペグで撮影(2019年 ロイター/Shannon VanRaes)

9月18日。ハリファックス空港に向かうトルドー・カナダ首相の選対陣営に、米タイム誌の記者から暴露記事の知らせが入った。首相の再選を揺るがしかねない1枚の写真が数時間後、同誌の紙面を飾る。トルドー氏が29歳だった2001年、「アラビアンナイト」パーティーで顔を茶色く塗り、人種差別的な仮装をした写真だ。

ウィニペグ行きのため空港の駐機場に移動した陣営は急きょ、離陸を4時間遅らせ、その間の時間を機内にとどまったまま、記事への対応に費やすことにした。総選挙は1か月後だ。

機内では、側近らがトルドー氏のメディア向け謝罪メッセージを準備する傍ら、首相自身はツイッターでの擁護を期待し、少数民族系の自由党議員と閣僚に片っ端から電話をかけた。

トルドー氏は機内で、テレビ全国中継用の記者会見を開いて何度も謝罪した上、他にも顔をこげ茶色に塗った出来事があったことを認めた。

トルドー氏の側近や参謀6人への取材で、首相陣営がその後1週間、イメージ回復のためにいかに早急かつ慎重な戦略を取ったかが浮かび上がる。

戦略立案に関わった側近の一人は「逃げたり引き延ばしたりは禁物だ。首相を表に立たせ、国民に好きなだけ非難させる必要がある」と語った。

即座に謝罪する戦略が吉と出たかどうかはまだ分からない。世論調査によると、トルドー氏の支持率は暴露記事の直後に落ち込み、その後は持ち直しつつある。しかし複数の世論調査は、首相の自由党が少数派政権を樹立できれば良い方で、野党保守党に敗れる可能性も示している。

保守党の選対陣営のスポークスマンはロイターに「トルドー氏はこの4年間、聖人ぶって国民に社会問題や多様性の問題を説いてきた。偽善はごまかせない。国民は今、トルドー氏が看板を偽っていたことに気付いた」と批判した。

筋書きを棚上げ

関係筋らによると、トルドー氏陣営では3人の参謀が危機管理に当たり、首相府の幹部らと協力して次のような対応を練った。

オープンな態度で悔恨の意を示し、国民とメディアからの疑問に真摯に答える。通常の選挙戦をいったん休止する。10月21日の選挙に向け、なるべく早くこの問題を収束させる。

危機に直面した自由党陣営は、当初の筋書きを一時棚上げせざるを得なくなった。筋書きでは、保守党に人種差別主義者や反同性愛、反中絶を掲げる候補の駆け込み寺というレッテルを貼り、激しい選挙戦を展開するはずだった。

ニュース速報

ワールド

香港自治「終えんの前兆」、米国務長官が非難 国家安

ワールド

米政権、核実験実施を一時検討 中ロに対抗=米紙

ワールド

米政府、中国が米航空会社の中国便運航再開を阻止と批

ビジネス

米レンタカー大手ハーツが破綻、新型コロナで業績悪化

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 7

    新型バイクにまたがるドイツ警官が立ち向かう相手は?

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    中国人も日本メディアを見ています

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 10

    「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月