最新記事

地球温暖化

グレタ・トゥーンベリの人形を吊るしたのは誰か

Greta Thunberg Effigy Hanging From Bridge Decried as 'Shameful' By Mayor

2019年10月9日(水)17時00分
ジェシカ・クォン

ノーベル平和賞の呼び声も高いグレタ・トゥーンベリに悪意を抱く人間がいる(10月7日、米サウスダコタ州) Jim Urquhart-REUTERS

<16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリに対する憎悪犯罪が明らかになった>

イタリアの首都ローマで、地球温暖化対策を訴える16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリを模した人形が橋から吊り下げられているのが見つかった。ローマ市長を含む政府関係者などが、「恥ずべき行為だ」と厳しく非難している。

人形はトゥーンベリと同じお下げ髪。報道によれば、「グレタはあなたたちの神」という言葉が添えられていた。

ローマ市長のヴィルジニア・ラッジは、ローマ市はトゥーンベリならびに彼女の家族と連帯すると誓い、「私たちの町で、橋から吊るされたグレタ・トゥーンベリの人形が見つかったのは恥ずべきことだ」と、ツイートした。「トゥーンベリとご家族のみなさんに、ローマ市の連帯を表明する。私たちの地球温暖化に対する取り組みは終わらない」

ローマ市長ラッジのツイッターより


イタリアのセルジオ・コスタ環境・国土・海洋保全大臣も人形の写真をシェアし、こうした行為は「犯罪」であり「許されない」と非難した。

「ローマの橋から吊り下げられていた人形は、グレタ・トゥーンベリの気持ちを傷つけ、彼女を侮辱するものだ」と、コスタはツイートした。「環境や地球のために全力を注ぐ人すべてが、悲しんでいるに違いない。許されざる犯罪行為だ」

イタリア民主党のニコラ・ジンガレッティ党首は、これをトゥーンベリに対する「陰惨な暴力」だと言う。「自分と異なる考えを尊重しない人々によるこうした行為をわれわれは強く非難する」

誰の犯行か、地元警察が捜査している。

<参考記事>マララと真逆のグレタ・トゥーンベリが、人々の心をつかめる理由
<参考記事><動画>トランプを睨みつけるグレタ・トゥーンベリ鬼の形相

絶滅への反逆

一方、ローマでは10月7日、地球温暖化対策を訴える抗議デモがあった。これは、国際的な市民運動組織「エクスティンクション・レベリオン(絶滅への反逆)」による取り組みの一環で、地元自治体や政府機関に対して、気候と環境を守るためにもっと努力するよう働きかける運動だ。エクスティンクション・レベリオン公式ツイッターのプロフィールには、「気候・環境的な正義を目指し、非暴力で各国政府に反逆する」と書かれている。

トゥーンベリは、エクスティンクション・レベリオンに関連したツイートで、「今でなければいつ? あなたでなければ誰? 全員が必要なの!#EverybodyNow! 今すぐに!#TheTimeIsNow」とに行動を促した。

トゥーンベリは9月23日に国連本部で開催された「気候行動サミット」において、世界の指導者たちを強い口調で非難した。気候変動に十分な取り組みを行っておらず、若者を裏切っているという理由だ

「何もかもが間違っている」と語った。「私はここにいるべきではない。私は海の反対側にある学校にいるべきだ。それなのにあなたたちは、希望を求めて若者たちに頼ってくる。よくもそんなことができたものね」

人形は、この演説が気に入らなかった者の仕業なのだろうか。トゥーンベリは何もコメントしていない。

(翻訳:ガリレオ)

20191015issue_cover200.jpg
※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡

ニュース速報

ワールド

マイナス金利の可能性、非常に低い=ロウ豪中銀総裁

ワールド

11月スペイン再選挙、第1党の社会労働党は過半数困

ビジネス

仏ルノー、19年売上高見通しを再度下方修正 3─4

ワールド

中国の米農産品購入、市場の状況にも左右される=米N

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月