最新記事

手術

インドで、7歳男児の口内から526本の歯が摘出される

2019年8月2日(金)18時15分
松岡由希子

SAVEETHA DENTAL COLLEGE-YouTube

<インドの病院で、7歳男児の口内から526本の歯が見つかりすべて摘出する手術が行われた......>

インドの病院で、7歳男児の口内から526本の歯が見つかり、5時間にわたってこれらをすべて摘出するという、極めてまれな手術が行われた。

3歳頃から右下あごの腫れに気づいていたが、7歳になって手術

インドの英字新聞「インディアン・エクスプレス」の報道によると、この摘出手術を受けたのは、インド南部タミル・ナードゥ州ティルヴァッルール県に在住するラビンドラン君だ。

両親は3歳頃から右下あごの腫れに気づき、他の医療機関に連れて行ったこともあったが、ラビンドラン君が落ち着いて検査を受けられるようになるまで様子を見ていたところ、腫れが大きくなってきたため、インド南部チェンナイのセイブエサ歯科大学病院で受診した。

口内では、腫瘍のようなものが大きくなって永久臼歯の成長を妨げており、X線やCTスキャンで撮影すると、袋状の組織の中に複数の痕跡歯が写っていたことから、歯原生腫瘍のひとつ「複合性集合型歯牙腫」と診断された。これらの歯は口の外から見えないが、切除する必要がある。

matuoka0802c.jpg

SAVEETHA DENTAL COLLEGE

200グラムの腫瘍をひらいて、歯526本をすべて摘出

2019年7月11日、歯の摘出手術が行われた。執刀医が重さ200グラムの腫瘍をひらき、0.1ミリ程度の極小サイズから1.5ミリの大きなものまで、様々な大きさの歯526本をすべて摘出。いずれの歯も歯冠と歯根があり、エナメル質で覆われていたという。

unknown.jpg

SAVEETHA DENTAL COLLEGE

幸い、腫瘍は初期段階で見つかったため、口内の組織にはほとんど影響がなく、従来の手術で切除でき、顎再建も必要なかった。また、担当医によれば、ラビンドラン君の正常な歯は保持されており、他の歯の成長に問題はないが、永久臼歯の成長には影響が残り、16歳になる頃、永久臼歯2本のインプラントが必要になる可能性もあるという。

このような珍しい症例の原因は、まだ明らかになっていない。セイブエサ歯科大学のプラティバ・ラマニ教授は、「要因のひとつとして、遺伝もありうるだろうし、環境も重要な役割を担っている。我々は、携帯電話の基地局からの放射線がこの要因となりうるかどうかを検証する研究に着手している」と述べている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インタビュー:伊予算案がEUルールと整合的か精査中

ワールド

米エネルギー長官、年末までに辞任 トランプ大統領が

ビジネス

FRB、必要に応じて短期市場安定化措置を調整へ=N

ワールド

インタビュー:消費増税で予想以上に成長低下なら、追

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月