最新記事

中国

ごみ焼却施設建設をめぐって、中国・武漢でデモがヒートアップ

2019年7月18日(木)19時10分
ケンドラ・ブロック(元武漢軽工大学教員)

ごみ処理問題は中国各地で深刻化している(江蘇省蘇州のごみ焼却発電プラント) ALY SONGーREUTERS

<ネットでは警官隊の暴力的な鎮圧に非難の声が――行動する若者たちが中国を変える契機に?>

中国内陸部の武漢で、ごみ処理施設をめぐり市民と当局の対立が激しさを増している。6月28日、新洲区陽邏住宅地区の住民が、ごみ焼却施設の建設計画に反対して市庁舎周辺でデモを開始した。

中国SNSの新浪微博に投稿された画像やコメントによると、デモ隊は大勢の警官隊と衝突。警官側が高齢者を含むデモ参加者を殴打するなど、当局による強引な鎮圧に非難の声がネット上で広がっている。

中国の他の都市と同じく、武漢も深刻なごみ問題を抱えている。都市化が進む一方、ごみ処理場が不足しているのだ。市当局には、陽邏地区にあるごみ埋め立て地からの悪臭への苦情と、埋め立て地の新設に関する不安の声が多数寄せられていた。

ごみ問題は人の命をも奪いかねない。深圳では15年に建設廃棄物の山が崩れて団地をのみ込み、73人が命を落とした。

解決策として、武漢ではごみを焼却してエネルギーに転換する施設の建設が計画された。市内6番目の同種の施設として1億9900万元(約31億円)をかけて建設される陳家沖ごみ焼却発電所は、1日当たり2000トンのごみ処理能力があるという。この施設は同地区で進められている「循環型エコノミー」パーク構想の一環でもある。

2億人以上が投稿を閲覧

住民がこの施設に反対するのには相応の理由がある。陽邏地区の代表らが書いたとされる新浪微博の投稿によると、懸念は主に2つ。施設の運営企業への疑問と、建設予定地の周辺環境だ。こうした施設は住宅地から最低1.5キロ離れた場所に建設すべきとされるが、今回の予定地は最も近い住宅地から800メートルしか離れていない。

さらに、この投稿によれば、この事業を請け負っている国有企業の武漢環投融誠再生資源有限公司は、今年4月17日に設立されたばかり。「循環型エコノミー」の推進母体である武漢の長江ニューシティーが事業を申請するわずか2日前だ。

市の記録によると、武漢環投融誠という名称が承認されたのは4月11日。市内にはごみ焼却発電の実績がある企業がいくつも存在することを考えると、新設されたばかりの企業が選ばれたのはあまりに不自然だ。

今回の反対運動が起きた施設の建設は、事業計画より2カ月早く始まった。これには、企業と政府による既成事実づくりが目的ではないかとの声がある。

気候変動対策をめぐるデモが世界に広がるなか、運動の中心的役割を担うのは若者たちだ。投稿画像にも、若者が参加者にメガホンで呼び掛ける姿が見られる。このデモに関する投稿は6月末までに、2億3100万人以上の人々が閲覧した。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

ビジネス

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 10

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月