最新記事

ツイッター

「トランプのツイッターブロックは憲法違反」なら、オカシオコルテスも?

2019年7月12日(金)16時30分
佐藤由紀子

民主党左派で人気のアレクサンドリア・オカシオコルテス米下院議員 REUTERS/Leah Millis

<巡回控訴裁は「トランプ大統領のツイッターブロックは憲法違反」としたが、では、自分をブロックしたオカシオコルテス下院議員も、と連邦地裁に提訴する人物が現れている......>

ドナルド・トランプ大統領が(Twitterでの)ユーザーブロックを許されないなら、他の政治家も平等にブロックを許されないはずだ──。ユーチューバーでニューヨーク州議会候補のジョセフ・サラディーノが7月10日にそうツイートし、自分をブロックした同州選出の下院議員(民主党)、アレクサンドリア・オカシオコルテスを提訴した。

控訴裁「トランプ大統領のユーザーブロックは憲法違反」

ニューヨークの巡回控訴裁は9日、トランプ大統領が自身の公式Twitterに批判的なコメントをした人物をブロックするのは、言論の自由を保障する合衆国憲法修正第1条に違反するという判断を示した。米ロイターによると、米司法省は上訴するとみられる。

控訴裁は判決で、「憲法修正第1条は、公的目的でソーシャルメディアのアカウントを利用する公務員が、オンラインでの対話で意見が異なることを理由に特定の人々を締め出すことを認めていない」とした。

オカシオコルテスを狙い打ち?

サラディーノはこれを受け、自分をブロックしたオカシオコルテスを連邦地裁に提訴すると、訴状を作成する動画を添えてツイートした。


サラディーノは「私がオカシオコルテスの政治的な投稿の1つにコメントした後、ブロックされた」としている。

同日、やはりコルテスにブロックされた元ニューヨーク州議会議員のドヴ・ハイキンドもオカシオコルテスを提訴したとツイートした

オカシオコルテスは昨年11月の米議会中間選挙で初当選した28歳のヒスパニック系女性議員。Twitterの個人アカウントを積極的に利用し、左派的な政策を掲げて若者や移民の支持を獲得した。

当選後は議員としての公式アカウントも開設したが、アクティブなのは現在も個人アカウントの方で、このアカウントを公的な目的で使っていると見なされる。

オカシオコルテスは今のところ、提訴されたことについて特にツイートしていない。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月