最新記事

海外旅行

旅のプロたちが推薦する「日常を忘れられる」夢の旅行先

Summer Break 2019 Destinations

2019年7月12日(金)14時08分
ポーラ・フローリック

カリブ海に浮かぶ小国アンティグア・バーブーダ TRAVNIKOVSTUDIO/ISTOCKPHOTO

<長い休みは、普段忙しい親にとって親子でまとまった時間を一緒に過ごすチャンス。子供たちや大学生にとっても日頃の緊張から解放されるいい機会だ(もちろん社会人も)。それならいっそ日常から思い切り離れられる海外旅行はどうだろう。でも、どこへ? そんな人のために、本誌記者ポーラ・フローリックが旅のプロにおすすめの場所を聞いた>

子連れにおすすめの旅行先

■アンティグア・バーブーダ、アディロンダック(米ニューヨーク州)
推薦人:トム・マーチャント(オーダーメイド旅行会社「ブラック・トマト」創業者)

カリブ海に浮かぶ小国アンティグア・バーブーダは「魅力あふれる楽園の島。ニューヨークから飛行機で5時間ほどで、子供にとっても移動がそれほど負担にならない」と、マーチャントは言う。「素晴らしいのは無人島のジャンビーベイ。子供向けの探検プログラムがあり、カメの保護教育や料理教室、セーリング、シュノーケリング、カヤックなどが体験できる」

ビーチに興味がなければ、米ニューヨーク州アディロンダックにあるリゾート「ザ・ポイント」がおすすめ。ロックフェラー家がサラナク湖に所有していたグレート・キャンプを改装したもので、「子連れの家族旅行に完璧なアクティビティーがそろっている」。暖かくなる4月以降はカヤックやカヌー、釣り、テニスが楽しめる。「携帯電話の電波も届かないような場所で、家族でゆっくり過ごしてみては?」。ただしザ・ポイントが子供向けになるのはイースターの週末のみで、普段は大人が休暇を過ごす場所だ。


■セレンゲティ国立公園(タンザニア)
推薦人:ステーシー・リードル(サファリ手配会社「ドゥマ・エクスプローラ」創業者)

「春はタンザニアの新緑の季節。観光客はほとんどいない」と、リードルは語る。「セレンゲティ国立公園では、動物たちが草原を移動する壮大な光景を見ることができる。隣接するキャンプに3〜4泊してサファリを楽しんだ後、雄大なンゴロンゴロ盆地や、動物たちの水飲み場でもあるマニャラ湖観光を追加すれば、完璧な1週間の旅になる。何といっても、この時期のタンザニアは宿泊料金がとても安いのが魅力。最大でピークシーズンの6割引きになるから、サファリを一段と手頃な価格で楽しめる」

magw190712-travel02.jpg

UGURHAN/ISTOCKPHOTO

■ロンドン(イギリス)、ハワイ島(米ハワイ州)
推薦人:メリッサ・ビッグズブラッドリー(個人旅行手配会社「インダガー」創業者・CEO)

「首都ロンドンは子供でも歴史の重みを感じられる街。ロンドン塔に登るのも楽しいし、バッキンガム宮殿で衛兵を見るのもいい」と、ビッグズブラッドリーは語る。「ナイツブリッジにあるバークレー・ホテルは交通の便もよく、屋上にプールがあるから子連れには理想的。子供向けのバスローブやアフタヌーンティーも用意してくれる」

ハワイ島もおすすめだ。「ハワイの魅力は亜熱帯の自然と旅行客を歓迎するホスピタリティーにある。ホテルでおすすめなのはフォーシーズンズ・リゾート・フアラライ。水族館やキッズクラブ(5歳以上)があり、フラダンスや貝殻細工を習うこともできる」

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月