最新記事

失踪事件

掘り返した王女2人の棺は「空っぽ」 バチカン少女失踪事件の謎深まる

2019年7月12日(金)16時30分

1983年にローマで発生したエマヌエラ・オルランディさん(当時15)の失踪事件に関連して、バチカン当局は19世紀の王女2人が埋葬されている墓を掘り返した。ところが棺の中は空っぽで、エマヌエラさん失踪の手がかりだけでなく王女の遺骨も見つからなかった Vatican Media/Handout via REUTERS

1983年にローマで発生したエマヌエラ・オルランディさん(当時15)の失踪事件に関連して、バチカン当局は19世紀の王女2人が埋葬されている墓を掘り返した。ところが棺の中は空っぽで、エマヌエラさん失踪の手がかりだけでなく王女の遺骨も見つからなかった。36年前に発生した少女失踪事件の謎は一層深まった。 

エマヌエラさん失踪事件は、発生当時から様々な憶測を招いていた。バチカン市職員の娘だったエマヌエラさんは、音楽のレッスンに出かけたまま帰宅しなかった。

様々な説が唱えられたが、どれも決定打にかけていた。2012年にも捜査の一環で、ギャング構成員の墓が掘り返されたが、何も見つからなかった。

昨年ローマにあるバチカン大使館の敷地内で人骨が発見され、エマヌエラさんの遺骨ではとメディアは色めき立ったが、DNA鑑定の結果、無関係とわかった。

バチカン当局の捜査がどのようにして、今回掘り返された19世紀の王女の墓に行き着いたのかは明らかになっていない。

だが家族によるとバチカン内部から送られたとみられる匿名の手紙が寄せられ、王女の墓を調べるよう記されていたという。

結局、手がかりは得られなかったものの、エマヌエラさんの家族はバチカンが墓の調査に応じたことを評価した。

「バチカンは今回初めて、最終的な責任が内部にある可能性を認めた」と、エマヌエラさんのきょうだい、ピエトロ・オルランディさんは述べた。「責任の所在が内部にある可能性を認めたからこそ、墓を掘り返したのだろう。数日前までバチカンは一切の責任を認めようとしなかった。」

事件当時、警察の捜査もバチカンが関与していた可能性を排除しなかった。その一方で、人身売買組織がエマヌエラさんを拉致した可能性も示唆していた。

[11日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月