最新記事

エジプト

エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

Egypt's Former President Morsi Dies Defending Himself in Court, Reports Say

2019年6月18日(火)15時46分
トム・オコナー

エジプト・カイロ郊外の裁判所で死刑判決を受けたときのムルシ Asmaa Waguih- REUTERS

<「アラブの春」後にエジプト初の自由選挙で選出された前大統領が急死。出身母体のムスリム同胞団はこれは「殺人」だと反発を強めている>

ムハンマド・モルシ前大統領が死去した。複数のメディアが報じた。67歳だった。

モルシはイスラム主義組織「ムスリム同胞団」の出身。2011年に民主化運動「アラブの春」でホスニ・ムバラク大統領の長期政権が崩壊した翌年、エジプト初の民主的な選挙で大統領に選出された。だがその後、わずか1年で事実上の軍によるクーデターで失脚し、国家機密の漏洩などさまざまな罪に問われ訴追された。

エジプトの国営テレビや独立系の新聞アルマスリ・アルヨウムなど複数のメディアの報道によれば、モルシは6月17日、法廷で自らの容疑を否定する証言を行っている最中に突然倒れ、その後死亡した。原因は心臓発作だという。

モルシの後任には、クーデターを率いた当時の将軍、アブデル・ファタハ・アル・シシが2014年に大統領に選出された。2018年には、有力な対立候補のいない選挙で勝利してシシが再選を果たしている。

モルシの息子はフェイスブックに「神の御許で」父と再会するだろうと書き込み、父の死を認めた。

ムスリム同胞団への逆風

モルシは失脚後、シシ政権によって世間から遠ざけられ、複数の罪で裁判にかけられていた。罪状にはスパイ行為やデモ隊への武力行使、2011年の反体制デモの際の集団脱獄などが含まれている。2016年6月にはカタールのためにスパイ行為を行った罪で終身刑が下されたが、その後無効とされた。

17日の審理でモルシは、ムスリム同胞団と密接なつながりがあるパレスチナのイスラム原理主義組織「ハマス」と共謀した罪について、繰り返し否定したと報じられている。シシ政権はムスリム同胞団自体を非合法化している。

シシは大統領就任以降、ムスリム同胞団に批判的なサウジアラビアとの協調を深めてきた。2017年、エジプトはカタールがムスリム同胞団を支援しているとして、サウジアラビアやバーレーン、アラブ首長国連邦と共にカタールとの国交を断絶した。ムスリム同胞団については、ドナルド・トランプ米大統領もテロ組織指定を検討している。

ムスリム同胞団はかねてから、モルシの勾留環境について「拷問に等しい」と懸念を表明しており、BBCによれば、幹部の一人であるムハンマド・スワイダンはモルシの死について「意図的な殺人」だと非難した。

中東の衛星テレビ局アルジャジーラによれば、ムスリム同胞団を支持しているトルコでは、モルシ死去の報道を受けてレジェップ・タイップ・エルドアン大統領が「アラーよ、殉教者の魂を安らかに眠らせたまえ」と追悼した。2人は短命に終わったモルシ政権の任期中に関係の拡大を目指していたが、シシの大統領就任後、両国の関係は悪化している。

(翻訳:森美歩)

magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。


MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月