最新記事

韓国事情

韓国で急増する外国人留学生、いっぽうで問題も顕著に

2019年6月4日(火)18時30分
佐々木和義

外国人留学生が最も多い高麗大学 撮影:佐々木和義

<近年、韓国で外国人留学生が急増してきたが、韓国語ができずに学業を放棄する留学生や就労を目的に入学する偽装留学が問題となっている>

韓国の大学で外国人留学生が急増し、いっぽうでさまざまな問題も顕著になってきている。2010年以降、年8万人台で推移していた留学生は2014年から増え始め14万人まで拡大したが、韓国語ができずに学業を放棄する留学生や就労を目的に入学する偽装留学が問題となっている。2016年に政府が行った調査では、不法滞留者に転落した外国人留学生数は1万人を超えていた。

少子化で経営が苦しくなった大学が積極的に受け入れ

韓国で外国人留学生が増えた背景に、少子化と製造業を中心とする韓国企業の海外移転がある。韓国人の大学進学者は、約50万2000人のピークに達した2010年以降、急速に減り始め、2015年には40万1000人まで減少した。わずか5年で新入学生が20%減少し、経営が苦しくなった大学が収入を補うため、外国人留学生を積極的に受け入れるようになったのだ。

留学生が多いほど良い学校とみなされる風潮も留学生の増加に一役買っている。外国人留学生が最も多いのはソウルの高麗(コリョ)大学で、数年前まで延世(ヨンセ)大学や慶煕(キョンヒ)大学に次ぐ3位だったが、積極的な留招致活動に取り組み、120か国から4800人の留学生を受け入れるようになった。学部生全体に占める外国人学生は10%を超えている。ほかにも延世大学、慶煕大学、成均館(ソンギュングァン)大学など名門と評される大学ほど留学生数が多い。

政府も留学生招致を後押し

政府も留学生招致を後押しする。教育部は2023年までに20万人の留学生を誘致する目標を掲げて、韓国語力のハードルを下げたのだ。韓国の大学に留学を希望する外国人は1級から最上6級まである韓国語能力試験(TOPIK)で3級以上の語学力が求められていたが、これを2級レベルまで引き下げた。

大学の授業についていくことができる語学力は5級以上というのが大方の見方である。高麗大学など韓国語が一定水準に達していない留学生に、言語教育を義務付ける学校もあるが、留学生本人に任せたまま放置する大学が少なくない。

そして、製造業の「脱韓国」化も留学生の増加に拍車をかける。東南アジアに進出した韓国企業の給与は現地企業より高いケースが多く、国よっては2倍から3倍だ。韓国留学の経験があると自国に進出した韓国企業への就職が有利になると期待する若者が増え、韓国企業の海外進出と比例するように留学生が増加した。

賃金水準が高くなった韓国を脱して中国に工場を移転する企業が続出したが、中国の賃金が上昇すると、今度は東南アジアに移転する企業が増え始めた。なかでもベトナムは6000社の韓国企業が進出しており、ベトナム人留学生は2012年の3200人から3万人近くまで急増した。中国人留学生は約5万7800人から約6万6000人に増えている。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月