最新記事

スマートスピーカー

教えて、Siri! アップルのスマートスピーカーはどうすればもっと売れる?

Rethink Homepod

2018年5月9日(水)18時00分
クリスティーナ・ボニントン

誰でも使える音声アシスタントへと脱皮するか、アップル愛好者向けのニッチな存在であり続けるか Shannon Stapleton-REUTERS

<スマートスピーカー市場で出遅れたアップル、かつてのiPhoneの大成功から学ぶべき教訓とは>

アップルが音声アシスタントSiri(シリ)を搭載したスマートスピーカー「ホームポッド」を発表したのは昨年6月。年末までに発売という目標はずれ込み、今年2月9日にようやく店頭に並んだ。

当初の期待は高く、販売予測は年内に最大1000万台とも言われたが、アナリストは早くも下方修正している。KGI証券の郭明錤(クオ・ミンチー)は、18年の売り上げは200万~250万台にとどまるとみる。販売不振を受けて、現在の349ドルより大幅に安い低価格モデルの投入も噂される。

発売から数週間は事前予約分の売り上げが好調だったが、その後は販売台数が1日に10台未満というアップルストアも。ちなみにアップルウオッチは発売から1カ月で約250万本、ワイヤレスヘッドホンのAirpods(エアポッズ)は最初の1年で1250万個売れた。

ループ・ベンチャーズによると、スマートスピーカーの市場シェアはアマゾン・エコーの55%、グーグル・ホームの23%に対し、ホームポッドは3%と大きく出遅れている。

349ドルは、競合商品の中でもずば抜けて高い。例えば200ドル前後まで下がれば、消費者の選択肢に入りやすいだろう。

もっとも、価格は苦戦の一因にすぎない。アマゾンやグーグルのスピーカーのほうが好まれそうな理由はいくつかある。

Siriの大きな弱点は、機能が限られていることだ。アマゾンは音声認識ソフト「アレクサ」を外部のサービスと連携させ、外部の開発者にさまざまな機能を提供させている。エコーを使って毎日のスケジュールを確認し、配車サービスのウーバーで車を呼んで、宅配ピザも注文できる。もちろん、アマゾンのサイトで買い物もできる。

さらに、アマゾンとグーグルのスピーカーは基本的に単独で利用でき、ほかのスマート家電との連動も可能だ。それに対し、ホームポッドの機能をフル活用するためには、iPhoneとの連携が不可欠になる。

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月