最新記事

核合意

イランが核保有に要する時間はどのくらいか

How Quickly Can Iran Get a Nuclear Weapon?

2018年5月10日(木)17時00分
クリスティナ・マザ

テヘランの広場に展示されたミサイルと最高指導者ハメネイ師の肖像 Nazanin Tabatabaee Yazdi-REUTERS /TIMA

<アメリカの身勝手な核合意離脱で、イランが核武装に突き進むリスクは高まった?>

長年にわたる外交努力と粘り強い交渉の末に成立した2015年の核合意で、イランは制裁解除と引き換えに、核兵器開発につながる恐れのある核開発計画を中止した。この合意にはアメリカ、イギリス、ロシア、フランス、中国、ドイツが調印。国連安全保障理事会も正式に承認しており、アメリカの離脱は国際法違反である。

この核合意によって、それ以前の経済制裁できなかったことが実現した。イランは核兵器の製造に必要な原料の大半を諦めなければならなくなったのだ。

今のところアメリカ以外の当事国はイランも含めて合意を維持すると言っているが、もし合意が無効になれば、イランは1年後までには核爆弾を1発を作ることができるという。

「合意が崩壊したその日から、イランが兵器級の核爆弾1発分の高濃縮ウランを製造するには最速で12カ月だ。フル稼動すれば、ちょうど1年で最初の1発分の原料が手に入る」と、米シンクタンク・大西洋協議会の核不拡散専門家マシュー・クローニグは本誌に語った。

核兵器の主要な原料は、プルトニウムと高濃縮ウランだ。核合意(正式名称は包括的共同作業計画:JCPOA)では、イランは高濃縮ウランの備蓄を約98%減らし、核兵器に使用できる濃縮度のウランを15年間生産できないことになった(原子力発電用のウランは濃縮度3%程度で十分だが、核兵器の製造には純度90%まで濃縮する必要がある)。

ウラン濃縮はすぐ再開できる

合意成立以前、イランは2カ所の核施設にウラン濃縮用の遠心分離機2万台を所有していた。合意ではそのうち1カ所の施設で4%未満までの濃縮をすることしか認められておらず、現在は何千台もの遠心分離機が稼動を停止しているが、クローニグによると、フル稼動態勢に戻るにはさして時間はかからない。

「施設は2カ所とも閉鎖を免れ、1カ所では今もウランを濃縮している。運転を停止した遠心分離機約1万3000台も解体されておらず、新型の遠心分離機の開発は続行できることになっている。濃縮作業はいつでも再開できる」

核合意の縛りがなくなれば、イランはすぐにでも新型の遠心分離機のテストに乗り出すはずだと、内部関係者は言う。

「合意が崩壊すれば、20%レベルの濃縮を再開するだろう。新たに開発された遠心分離機IR-6なら、はるかに速くそのレベルまで濃縮できる」と、中東地域の研究開発計画を支援するドイツの研究機関CARPOのアドナン・タバタバイCEOは本誌に語った。「核合意の下でも、IR-6の研究開発は認められているが、試運転はできない。イラン高官の話では、IR-6なら4日間で20%レベルにできるという」

ニュース速報

ワールド

韓国と北朝鮮が閣僚級会談、鉄道・道路の連結事業など

ワールド

EU離脱合意は可能だが、問題残っている=英外相

ワールド

合意なき離脱「避けられない」、北アイルランド民主統

ビジネス

消費増税実施、重ねて表明 「あらゆる政策動員」と安

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 8

    ハーバードの「キャリア相談室」で涙を流すエリート…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月