最新記事

核合意

イランが核保有に要する時間はどのくらいか

2018年5月10日(木)17時00分
クリスティナ・マザ

テヘランの広場に展示されたミサイルと最高指導者ハメネイ師の肖像 Nazanin Tabatabaee Yazdi-REUTERS /TIMA

<アメリカの身勝手な核合意離脱で、イランが核武装に突き進むリスクは高まった?>

長年にわたる外交努力と粘り強い交渉の末に成立した2015年の核合意で、イランは制裁解除と引き換えに、核兵器開発につながる恐れのある核開発計画を中止した。この合意にはアメリカ、イギリス、ロシア、フランス、中国、ドイツが調印。国連安全保障理事会も正式に承認しており、アメリカの離脱は国際法違反である。

この核合意によって、それ以前の経済制裁できなかったことが実現した。イランは核兵器の製造に必要な原料の大半を諦めなければならなくなったのだ。

今のところアメリカ以外の当事国はイランも含めて合意を維持すると言っているが、もし合意が無効になれば、イランは1年後までには核爆弾を1発を作ることができるという。

「合意が崩壊したその日から、イランが兵器級の核爆弾1発分の高濃縮ウランを製造するには最速で12カ月だ。フル稼動すれば、ちょうど1年で最初の1発分の原料が手に入る」と、米シンクタンク・大西洋協議会の核不拡散専門家マシュー・クローニグは本誌に語った。

核兵器の主要な原料は、プルトニウムと高濃縮ウランだ。核合意(正式名称は包括的共同作業計画:JCPOA)では、イランは高濃縮ウランの備蓄を約98%減らし、核兵器に使用できる濃縮度のウランを15年間生産できないことになった(原子力発電用のウランは濃縮度3%程度で十分だが、核兵器の製造には純度90%まで濃縮する必要がある)。

ウラン濃縮はすぐ再開できる

合意成立以前、イランは2カ所の核施設にウラン濃縮用の遠心分離機2万台を所有していた。合意ではそのうち1カ所の施設で4%未満までの濃縮をすることしか認められておらず、現在は何千台もの遠心分離機が稼動を停止しているが、クローニグによると、フル稼動態勢に戻るにはさして時間はかからない。

「施設は2カ所とも閉鎖を免れ、1カ所では今もウランを濃縮している。運転を停止した遠心分離機約1万3000台も解体されておらず、新型の遠心分離機の開発は続行できることになっている。濃縮作業はいつでも再開できる」

核合意の縛りがなくなれば、イランはすぐにでも新型の遠心分離機のテストに乗り出すはずだと、内部関係者は言う。

「合意が崩壊すれば、20%レベルの濃縮を再開するだろう。新たに開発された遠心分離機IR-6なら、はるかに速くそのレベルまで濃縮できる」と、中東地域の研究開発計画を支援するドイツの研究機関CARPOのアドナン・タバタバイCEOは本誌に語った。「核合意の下でも、IR-6の研究開発は認められているが、試運転はできない。イラン高官の話では、IR-6なら4日間で20%レベルにできるという」

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月