最新記事

映画

『君の名前で僕を呼んで』少年のひと夏の経験

2018年5月2日(水)15時30分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

エリオ(ティモシー・シャラメ、右)とオリバー(アーミー・ハマー) (c)FRENESY, LA CINEFACTURE

<主人公の少年を演じたティモシー・シャラメのみずみずしい演技がひかる、ルカ・グァダニーノ監督の傑作>

ひと夏の恋を描いた映画は数多い。避暑地や旅先で出会った2人の甘く切ない物語に、自らの甘酸っぱい思い出を重ねる人も多いだろう。

今年のアカデミー賞で脚色賞に輝いた『君の名前で僕を呼んで』は、そんな中でも特に心に残る1本。17歳の少年と年上のアメリカ人青年の恋を、美しい旅のように紡いでいる。

アンドレ・アシマンの同名小説をアメリカのジェームズ・アイボリーが脚色し、イタリアのルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』)がメガホンを取った。アイボリーはカズオ・イシグロ原作、アンソニー・ホプキンス主演の『日の名残り』(93年)の監督でもある。

同性愛がテーマなのは事実だが、安っぽいジャンル映画ではない(激しいセックスシーンは出てこない)。むしろジェンダーを超えた永遠のラブストーリーで、昨年のアカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』やケイト・ブランシェット主演の『キャロル』の系譜に連なると言っていい。

まだエイズが社会問題化する前の1983年夏、24歳の大学院生オリバー(アーミー・ハマー)は、指導教官である考古学者のパールマン教授(マイケル・スタールバーグ)に招かれ、北イタリアにある彼の邸宅で助手として過ごすことになった。

古代彫刻や風景も美しい

その屋敷は教授の妻でイタリア人のアネラ(アミラ・カサール)が相続でもらった17世紀の別荘。夫婦の一人息子で17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)も一緒だ。これは言葉の美しさを楽しむ映画でもあり、一家の会話には英語とイタリア語、フランス語が飛び交う。

オリバーの仕事は、教授と一緒に古代彫刻のスライドを整理すること。そのほとんどは、優雅にして挑発的なポーズの裸像だ。作業が終わると近くの川で水遊びをし、夕涼みをしながら果樹の下で食事を取り、その後は村の娘たちとのダンスパーティーに繰り出す。

一方のエリオには、マルシア(エステール・ガレル)という名のガールフレンドがいる。何年も前から夏を一緒に過ごしてきて、今年はいよいよ初体験かという雰囲気だった。

しかしエリオは初めて会ったオリバーの魅力に取り付かれてしまう。まるで古代ギリシャの彫像が生を得たような美しさで(ただし服は着ている)、もちろん自分の肉体に自信は持っているが、誰とでも気さくに接し気取ったところがない。そんなオリバーに、思春期で自意識過剰なエリオは憧れると同時に反発もするのだが......。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月