最新記事

映画

『君の名前で僕を呼んで』少年のひと夏の経験

A Pastoral Fairy Tale

2018年5月2日(水)15時30分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

エリオ(ティモシー・シャラメ、右)とオリバー(アーミー・ハマー) (c)FRENESY, LA CINEFACTURE

<主人公の少年を演じたティモシー・シャラメのみずみずしい演技がひかる、ルカ・グァダニーノ監督の傑作>

ひと夏の恋を描いた映画は数多い。避暑地や旅先で出会った2人の甘く切ない物語に、自らの甘酸っぱい思い出を重ねる人も多いだろう。

今年のアカデミー賞で脚色賞に輝いた『君の名前で僕を呼んで』は、そんな中でも特に心に残る1本。17歳の少年と年上のアメリカ人青年の恋を、美しい旅のように紡いでいる。

アンドレ・アシマンの同名小説をアメリカのジェームズ・アイボリーが脚色し、イタリアのルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』)がメガホンを取った。アイボリーはカズオ・イシグロ原作、アンソニー・ホプキンス主演の『日の名残り』(93年)の監督でもある。

同性愛がテーマなのは事実だが、安っぽいジャンル映画ではない(激しいセックスシーンは出てこない)。むしろジェンダーを超えた永遠のラブストーリーで、昨年のアカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』やケイト・ブランシェット主演の『キャロル』の系譜に連なると言っていい。

まだエイズが社会問題化する前の1983年夏、24歳の大学院生オリバー(アーミー・ハマー)は、指導教官である考古学者のパールマン教授(マイケル・スタールバーグ)に招かれ、北イタリアにある彼の邸宅で助手として過ごすことになった。

古代彫刻や風景も美しい

その屋敷は教授の妻でイタリア人のアネラ(アミラ・カサール)が相続でもらった17世紀の別荘。夫婦の一人息子で17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)も一緒だ。これは言葉の美しさを楽しむ映画でもあり、一家の会話には英語とイタリア語、フランス語が飛び交う。

オリバーの仕事は、教授と一緒に古代彫刻のスライドを整理すること。そのほとんどは、優雅にして挑発的なポーズの裸像だ。作業が終わると近くの川で水遊びをし、夕涼みをしながら果樹の下で食事を取り、その後は村の娘たちとのダンスパーティーに繰り出す。

一方のエリオには、マルシア(エステール・ガレル)という名のガールフレンドがいる。何年も前から夏を一緒に過ごしてきて、今年はいよいよ初体験かという雰囲気だった。

しかしエリオは初めて会ったオリバーの魅力に取り付かれてしまう。まるで古代ギリシャの彫像が生を得たような美しさで(ただし服は着ている)、もちろん自分の肉体に自信は持っているが、誰とでも気さくに接し気取ったところがない。そんなオリバーに、思春期で自意識過剰なエリオは憧れると同時に反発もするのだが......。

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月