最新記事

トランプよ、北朝鮮の非核化だけでなく自国の軍縮プルトニウム問題も解決せよ

2018年5月1日(火)15時00分

4月20日、細心の注意を要し、生命の危険にさらされかねない核弾頭の廃棄作業は、ほとんど知られていないが、緊急度を増している。写真はトランプ米大統領。ワシントンで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)

テキサス州アマリロ近郊に無秩序に広がる工場では、多くの作業員が手作業で米国産業で最も危険な仕事に従事している。契約作業員たちが、退役した核弾頭からプルトニウムの核(コア)を慎重に除去しているのだ。

米エネルギー省管轄のパンテックス工場では、多くの安全規則にのっとって作業しているものの、手元が狂えば大惨事になりかねない。

全米各地にある同省施設には、余剰プルトニウム54トンが保管されている。パンテックス工場では「ピット」と呼ばれるコア2万個超が保管されており、規則によってそれらは同工場の一時保管施設で保有することが許されている。数千メガトン規模の核爆発を引き起こすのに十分なコアが保管されており、日々その数は増えている。

細心の注意を要し、生命の危険にさらされかねない核弾頭の廃棄作業は、ほとんど知られていないが、緊急度を増している。米国とロシアが2010年に合意した核新戦略兵器削減条約(新START)が定める核弾頭数の上限1550発を超えてはならないからだ。

米国は古い核弾頭を廃棄して、より殺傷能力の高い最新兵器と一部交換したいと考えている。ロシアも新たに危険な兵器開発を進めている。

米国は大量のプルトニウムを保有しており、テロリストはそれらを手に入れたいと狙っている。米ロはまた、両国間で締結した別の協定により、それぞれ34トンに上る兵器級の余剰プルトニウムを処分しなければならない。

これには2重の意味がある。1つは、プルトニウムが悪人の手に渡ることを阻止すること。そしてもう1つは、米ロ自身が再び兵器に使用する可能性を排除することだ。米エネルギー省のウェブサイトによると、両国合わせた計68トンの余剰プルトニウムは、核兵器1万7000発を製造するのに十分な規模だという。だが米国は、自国が処分しなければならない34トンについて、永続的な計画をもたない。

放射能半減期は2万4000年であるため、プルトニウムは永久に隔離されなければならない。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、米朝首脳会談実現に疑念表明 延期の

ビジネス

米大統領、中国ZTEに罰金13億ドル・経営陣刷新求

ワールド

米、北朝鮮との首脳会談に期待も譲歩はない=ペンス副

ビジネス

英中銀総裁、景気上向くとの認識表明 利上げ継続示唆

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得にはいくつもハードルが

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    フランスで怒りの追悼行進──救急車に来てもらえず女…

  • 9

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 10

    北朝鮮で幹部の亡命相次ぐ......金正恩の「親戚」も

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

  • 10

    「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月