最新記事

火星探査

火星で地震は起きているのか? 新型火星探査機が解く二つの大きなナゾ

2018年5月10日(木)18時30分
鳥嶋真也

火星探査機「インサイト」の想像図 (C) NASA/JPL-CALTECH

<NASAは新型の火星探査機「インサイト」の打ち上げに成功した。初めて、火星の内部に重点を置いた探査を行う。>

私たちの身体の健康を守るために受ける健康診断。人生100年時代とも呼ばれる現代、安心して長生きするためにも必要な検査である。

一方、地球のお隣にある赤い惑星・火星も、約45億歳にして初めてとなる精密検査を受けることになった。

2018年5月5日、米国航空宇宙局(NASA)は新型の火星探査機「インサイト」(InSight)の打ち上げに成功した。これまで人類は数多くの火星探査機を送り出してきたが、インサイトは初めて、火星の内部に重点を置いた探査を行う。火星の内部を精密検査することで、いったいなにがわかるのだろうか。

インサイトが見るのは火星の"バイタルサイン"

NASAはインサイトによる探査を、「火星を精密検査し、バイタルサインを見る」とたとえる。バイタルサイン、つまり人間でいう脈拍や体温などのことである。

インサイトには、地震などの振動を捉えられる地震計と、火星の内部の温度を測れる温度計などの観測機器が搭載されている。つまり地震計で火星の脈拍を、温度計で火星の体温を調べるのである。

こうした火星のバイタルサインを調べることで、大きく2つの、大きな謎が解けると期待されている。

ひとつは、火星における地震活動の解明である。地球で起こる地震は、地殻の内部の岩石が動いて起こるが、火星でも同じことが起こっているかどうかは、まだはっきりとわかっていない。しかしインサイトによる探査で、その謎に終止符が打つことができると期待されている。

また、地球のような地震はなくても、隕石などが落下することで起こる地震があるかもしれない。インサイトの地震計は、発生場所や大きさなども調べられるため、火星にどれくらいの頻度で隕石が落下し、どんな衝撃を与えているのかというデータも取れる。それは将来の有人火星活動を安全に進める上で役立つ。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、米朝首脳会談実現に疑念表明 延期の

ビジネス

米大統領、中国ZTEに罰金13億ドル・経営陣刷新求

ワールド

米、北朝鮮との首脳会談に期待も譲歩はない=ペンス副

ビジネス

英中銀総裁、景気上向くとの認識表明 利上げ継続示唆

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得にはいくつもハードルが

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    フランスで怒りの追悼行進──救急車に来てもらえず女…

  • 9

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 10

    北朝鮮で幹部の亡命相次ぐ......金正恩の「親戚」も

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

  • 10

    「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月