最新記事

サッカー

「俺様野郎」ズラタンがアメリカ征服宣言

The United States of Zlatan

2018年4月18日(水)17時00分
エリック・ベッツ

3月31日のMLSデビュー戦で2ゴールを挙げたイブラヒモビッチ Robert Hanashiro-USA TODAY Sports/REUTERS

<ベッカム以来のビッグネームのMLS移籍にリーグ側の期待は大きいが、お騒がせ男は新しい環境に適応できるのか>

サイは投げられた。サッカー界で最も危険な傭兵だったズラタン・イブラヒモビッチが大西洋を渡り、全米征服を目指してMLS(米メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに入団した。

海賊とサムライをミックスしたような風貌を持つ195センチのスウェーデン人は、バレエダンサーを思わせる華麗なドリブルを繰り出し、格闘家のようにプレーする。

03年以来、2シーズンを除き全所属クラブでリーグ制覇(優勝を取り消されたユベントスを含む)。5カ国、6クラブでタイトルを獲得し、時に大胆不敵な、時に非常識なまでに型破りなゴールを決めてきた。

MLSにとって、10年以上前にアメリカに上陸したデービッド・ベッカム以来のビッグネーム。リスクの大きい契約という点でもベッカム以来だ(契約金額は比較的安かったらしいが)。

MLS移籍の動きが最初に報じられたのは16年夏。この時点なら、イブラヒモビッチは間違いなくMLS史上最高のタレントだった。当時はフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)で50得点を決めたばかり。英ガーディアン紙が選ぶ世界のベストプレーヤー100人のリストで第7位にランクされていた。

年齢とけがが心配だが

だが、このときはイングランドのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)に移籍。17年4月に前十字靱帯を損傷するまでに28ゴールを挙げた。翌シーズンも、けがのリハビリをしながら年明けまでマンUに残った。マンUは結局ベスト16で敗退したが、チャンピオンズリーグ優勝のチャンスがある間はチームを離れたくなかったのだろう。

イブラヒモビッチの移籍が、昨シーズンを最悪の成績で終えたギャラクシーの戦力アップに直結するかどうかはまだ分からない。しかしベッカムのときと同様、米サッカー界への貢献は純粋なプレーの面だけではないだろう。MLSは「あのズラタン」を獲得したのだ。超俺様気質のイカれたレジェンドを。

ニュース速報

ビジネス

英FTのCEO、約3.67億円の報酬を一部返納 記

ビジネス

7月の中国への海外直接投資、前年比+14.9%=上

ビジネス

日銀の政策修正は小手先、早期に総括検証第2弾で副作

ビジネス

中国当局、インフラ投資計画の承認加速 7月は前月の

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 10

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月