最新記事

サッカー

「俺様野郎」ズラタンがアメリカ征服宣言

2018年4月18日(水)17時00分
エリック・ベッツ

3月31日のMLSデビュー戦で2ゴールを挙げたイブラヒモビッチ Robert Hanashiro-USA TODAY Sports/REUTERS

<ベッカム以来のビッグネームのMLS移籍にリーグ側の期待は大きいが、お騒がせ男は新しい環境に適応できるのか>

サイは投げられた。サッカー界で最も危険な傭兵だったズラタン・イブラヒモビッチが大西洋を渡り、全米征服を目指してMLS(米メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに入団した。

海賊とサムライをミックスしたような風貌を持つ195センチのスウェーデン人は、バレエダンサーを思わせる華麗なドリブルを繰り出し、格闘家のようにプレーする。

03年以来、2シーズンを除き全所属クラブでリーグ制覇(優勝を取り消されたユベントスを含む)。5カ国、6クラブでタイトルを獲得し、時に大胆不敵な、時に非常識なまでに型破りなゴールを決めてきた。

MLSにとって、10年以上前にアメリカに上陸したデービッド・ベッカム以来のビッグネーム。リスクの大きい契約という点でもベッカム以来だ(契約金額は比較的安かったらしいが)。

MLS移籍の動きが最初に報じられたのは16年夏。この時点なら、イブラヒモビッチは間違いなくMLS史上最高のタレントだった。当時はフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)で50得点を決めたばかり。英ガーディアン紙が選ぶ世界のベストプレーヤー100人のリストで第7位にランクされていた。

年齢とけがが心配だが

だが、このときはイングランドのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)に移籍。17年4月に前十字靱帯を損傷するまでに28ゴールを挙げた。翌シーズンも、けがのリハビリをしながら年明けまでマンUに残った。マンUは結局ベスト16で敗退したが、チャンピオンズリーグ優勝のチャンスがある間はチームを離れたくなかったのだろう。

イブラヒモビッチの移籍が、昨シーズンを最悪の成績で終えたギャラクシーの戦力アップに直結するかどうかはまだ分からない。しかしベッカムのときと同様、米サッカー界への貢献は純粋なプレーの面だけではないだろう。MLSは「あのズラタン」を獲得したのだ。超俺様気質のイカれたレジェンドを。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 5

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 6

    レーダー照射問題が暗示する「日米韓同盟」の未来

  • 7

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月