最新記事

セキュリティ

フランス政府、独自のメッセージングサービス試験中 外国からの監視リスク受け

2018年4月17日(火)10時15分

4月16日、フランス政府は、高官の間のやり取りが海外機関によって監視される可能性があるとの懸念に対応するため、独自の暗号化されたメッセージングサービスを開発している。写真は初閣議後の記念撮影の後にスマートフォンを使うマクロン仏大統領(右)とフィリッペ仏首相(左)。エリゼ宮で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)

フランス政府は、高官の間のやり取りが海外機関によって監視される可能性があるとの懸念に対応するため、独自の暗号化されたメッセージングサービスを開発している。デジタル当局が16日、明らかにした。

米フェイスブック傘下の「ワッツアップ」やロシア発祥の「テレグラム」を含む主要な暗号化されたメッセージングアプリは、フランスに本拠地を置いておらず、海外のサーバーでのデータ漏えいのリスクがある。

仏デジタル当局の報道官によると、高官約20人が新たな通信アプリを試験的に使っており、夏までに政府全体で使用の義務付けを目指すという。

報道官は「米国またはロシアによって暗号化されていない、暗号化されたメッセージングサービスが必要だ」と指摘。「フェイスブックの件で明らかになったように、情報が流出する可能性がある」と述べた。

フェイスブックは、政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に多数の利用者情報が流れていたことを認め、厳しい批判を受けている。

仏デジタル当局の報道官は政府の暗号化されたアプリについて、インターネットで公開されている自由に使えるコードに基づき開発され、最終的には全国民に使用を認める可能性もあると述べた。

フランスのマクロン大統領と、政府アドバイザーや当局者を務める大統領に近い人物は、昨年の大統領選の選挙活動で「テレグラム」を通じてやり取りしていた。

しかし今年に入りプライバシーに関する懸念が広がり、当局者の仕事用のスマートフォンでは、インストールされた仏タレスのセキュリティーツールにより「ワッツアップ」と「テレグラム」は使用できなくなっている。

[パリ 16日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 2

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 3

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

  • 4

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

  • 5

    永住者、失踪者、労働者──日本で生きる「移民」たち…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    太陽コロナに触れる探査機、熱で溶けない4つの理由:…

  • 10

    マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月