最新記事

フェイスブック

フェイスブック問題、アカウント削除を著名人が呼びかけ あなたは削除、する?

2018年4月16日(月)17時50分
松丸さとみ

とはいうものの、実際にフェイスブックを削除しようとすると、なかなか難しい。前述の調査によると、フェイスブックを使う理由として約半数の人が、違う地域に住む家族や友人と連絡を取り合うためや、疎遠になってしまった人との関係を続けるためだと回答。「暇つぶし」との理由(20%)を大きく上回っていたのだ。

利用時、注意すべきこと

家族や友達と繋がるための手段だから、という実用的な理由の他にも、フェイスブックのアカウントをなかなか削除できない心理的な理由もあるようだ。

学術ニュースサイト「ザ・カンバセーション」は、フェイスブックのアカウント削除がなぜこうも難しいのか、心理的な側面から検証している。

投稿へのコメントや「いいね」といった少ない労力で友情を活気づけられること、リアル社会では難しい「理想の自分の演出」が可能なこと、他の人が何をしているのか知りたい欲求を満たせること、意見を表明して承認してもらえること、などだ。

さまざまな理由から、今回の騒動があってもフェイスブックを使い続けたいと考える人も少なくないだろう。英紙インディペンデントの姉妹サイトIndy100は、利用を続けるなら次の12点は削除した方がいいと助言している。

1) 電話番号
2) 誕生日
3) ほとんどの友達(オックスフォード大学の心理学教授によると、人が維持できる人間関係は約150人であるため、不要な人は削除した方がSNS上でより健全なやり取りを楽しめる)
4) 子供や家族の写真
5) 子供が通っている学校の情報
6) 位置情報サービス
7) 自分の上司(SNSはリラックスする場であるし、仕事の愚痴を書くことを考えると削除した方が望ましい)
8) 自分の居場所のタグ付け
9) 休暇へ行く時期と場所(SNSに旅先を投稿して留守中に空き巣に入られたら、英国では保険金が下りないとのこと)
10) 交際ステータス
11) クレジッドカード情報
12) 搭乗券(搭乗券に記載のバーコードやQRコードから搭乗者の個人情報が分かる可能性あり)

7番など個人の主観によって異なるものもあるが、多くは同意できるものではないかと思う。もう一度、自分のフェイスブック・アカウントの設定を見直してはいかがだろうか。

ニュース速報

ワールド

韓国と北朝鮮が閣僚級会談、鉄道・道路の連結事業など

ワールド

EU離脱合意は可能だが、問題残っている=英外相

ワールド

合意なき離脱「避けられない」、北アイルランド民主統

ビジネス

消費増税実施、重ねて表明 「あらゆる政策動員」と安

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 8

    ハーバードの「キャリア相談室」で涙を流すエリート…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月