最新記事

フェイスブック

フェイスブック問題、アカウント削除を著名人が呼びかけ あなたは削除、する?

2018年4月16日(月)17時50分
松丸さとみ

とはいうものの、実際にフェイスブックを削除しようとすると、なかなか難しい。前述の調査によると、フェイスブックを使う理由として約半数の人が、違う地域に住む家族や友人と連絡を取り合うためや、疎遠になってしまった人との関係を続けるためだと回答。「暇つぶし」との理由(20%)を大きく上回っていたのだ。

利用時、注意すべきこと

家族や友達と繋がるための手段だから、という実用的な理由の他にも、フェイスブックのアカウントをなかなか削除できない心理的な理由もあるようだ。

学術ニュースサイト「ザ・カンバセーション」は、フェイスブックのアカウント削除がなぜこうも難しいのか、心理的な側面から検証している。

投稿へのコメントや「いいね」といった少ない労力で友情を活気づけられること、リアル社会では難しい「理想の自分の演出」が可能なこと、他の人が何をしているのか知りたい欲求を満たせること、意見を表明して承認してもらえること、などだ。

さまざまな理由から、今回の騒動があってもフェイスブックを使い続けたいと考える人も少なくないだろう。英紙インディペンデントの姉妹サイトIndy100は、利用を続けるなら次の12点は削除した方がいいと助言している。

1) 電話番号
2) 誕生日
3) ほとんどの友達(オックスフォード大学の心理学教授によると、人が維持できる人間関係は約150人であるため、不要な人は削除した方がSNS上でより健全なやり取りを楽しめる)
4) 子供や家族の写真
5) 子供が通っている学校の情報
6) 位置情報サービス
7) 自分の上司(SNSはリラックスする場であるし、仕事の愚痴を書くことを考えると削除した方が望ましい)
8) 自分の居場所のタグ付け
9) 休暇へ行く時期と場所(SNSに旅先を投稿して留守中に空き巣に入られたら、英国では保険金が下りないとのこと)
10) 交際ステータス
11) クレジッドカード情報
12) 搭乗券(搭乗券に記載のバーコードやQRコードから搭乗者の個人情報が分かる可能性あり)

7番など個人の主観によって異なるものもあるが、多くは同意できるものではないかと思う。もう一度、自分のフェイスブック・アカウントの設定を見直してはいかがだろうか。

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月