最新記事

テロ時代の海外旅行

歩きスマホはダメ!専門家に聞く海外旅行の安全対策

2018年4月28日(土)11時00分
森田優介(本誌記者)

スマホでマップを見ながら――とやりがちだが KEVIN NIXON-FUTURE PUBLISHING/GETTY IMAGES

<人気の観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代。だが旅行で最も大切なのは、自分の身は自分で守る意識だ。準備の仕方から現地での心構えまで、専門家らに聞いた。本誌5月1/8日号「どこが危なくない? テロ時代の海外旅行」より>

夜に1人で出歩かない、危ないとされる地区に行かない、不要な物を持ち歩かない、高級な腕時計を身に着けない──。これらは基本だが、安全に旅するコツはいくら知っていても知り過ぎることはない。専門家やベテラン旅行者に聞いた。

1. リスクの下調べをする

外務省の海外安全ホームページに加え、「インターナショナルSOS」のウェブサイトにある「トラベルリスクマップ」が役立つ。世界26カ所の拠点で医療とセキュリティーの専門家チームが情報収集して作成したマップで、国・地域別に「医療リスク評価」と「渡航リスク評価」を表示。個人でも無料で利用可能だ。PDF版と、更新頻度の高いインタラクティブ版(英語のみ)がある。

2. 旅行会社を値段で選ばない

海外邦人安全協会の小野正昭会長によれば、海外に行く日本人の7割が日本旅行業協会に加盟する会社を利用するが、加盟社でも安全対策のレベルはさまざま。現地に支店はあるか、提携している現地の旅行会社は信頼できるかなどを担当者に質問すべきだという。自分の身は自分で守ることが大切で、旅行会社に頼り過ぎるのは危険だが、第一歩として、旅行会社を値段の安さだけで選ぶのはもっての外というわけだ。

3. いいホテルの中層階を選ぶ

旅行が趣味で150カ国以上を訪れたという鎌倉在住のアメリカ人、ポール・ネルムは、盗難の恐れがあるため安宿には泊まらないという。「ホテルは結構いいところに泊まる。危険な国ではそれが安全対策になる」。漫画『ゴルゴ13』を使った外務省作成の安全対策マニュアルによれば、ホテルは6~9階がお勧め。低層階は外部からの侵入が容易で、高層階だと火災などの際に救援体制に不備が出る可能性がある。

4. カードの旅行保険では不十分

海外旅行保険の重要性はみんな分かっている──とは限らない。インターナショナルSOSの葵(あおい)佳宏は「クレジットカード付帯の保険に頼る人もいるが、それでは不十分」と言う。例えば、海外で虫垂炎になれば治療費だけで200万円。医療後進国から最寄りの先進国まで緊急搬送となれば民間機でも数百万円かかり、日本帰国となればさらに費用はかさむ。カードに300万円の保険が付いていても足りない。

5. 持病の薬を多めに持って行く

体調管理は万全に。当然、予防接種は事前にきちんと受けること。特に持病がある人は薬を医師から多めにもらっておくべきだ。英文の診断書も用意しておくといい。「薬は飛行機では預けず、手持ちで」と、葵は言う。

【参考記事】日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月