最新記事

移植手術

世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

2018年4月24日(火)15時00分
デーナ・ドビー

移植手術は大掛かり。ヘソの下まで大きく切開する HopkinsMedNews/TWITTER

<移植を受けたのは戦争で爆弾を踏んだ米軍兵。ドナーの素性と死因は伏せられている>

アフガニスタン戦争で負傷したアメリカ兵に対し、ペニスと陰嚢の両方を移植する世界初の手術が行われた。実施したジョンズ・ホプキンス大学医学部は4月23日、手術が無事に成功したことを発表した。

ペニスの移植手術は世界でこれまで3度行われたが、ペニスだけでなく陰嚢も移植されたのは今回が初めてだ。患者は米軍の匿名の軍曹。USAトゥデー紙によれば、世界初となる今回の手術は3月26日に、メリーランド州にあるジョンズ・ホプキンス大学医学部で行われた。

手術は14時間におよび、形成外科医9名と泌尿器専門外科医2名の協力を要した。ドナーの身元と死因は報じられていない。ガーディアン紙によると、ドナーの睾丸は倫理上の問題から移植されなかった。

患者は、アフガニスタンで爆弾を誤って踏んで負傷した。伝えられるところによると、患者は移植された新しい身体の一部に満足しているという。「目を覚ましたとき、自分はようやく普通に戻れた、もう大丈夫だと感じた」と、彼は述べている。

性機能も取り戻せる

患者は数日中に、新しいペニスで排尿できるようになる見込みだ。しかし、移植されたペニスの神経が再生して感覚を得られるようになるまではもっと時間がかかる。医師によれば、新しいペニスが性機能を取り戻すには6カ月程度かかるという。

USAトゥデイ紙によると、今回の臓器提供をコーディネートした「ニューイングランド・ドナー・サービス」のアレキサンドラ・グレイザー最高経営責任者(CEO)は声明で、患者に対し、「臓器を提供した故人は、あなたに特別な贈り物をできたことを知ればきっと誇りに思うことでしょう」と呼びかけた。「できるだけ早く健康を取り戻せますように。速やかな回復を心からお祈りします」

手術は大がかりなもので、ペニスと陰嚢だけでなく、腹部を広範に覆う皮膚ごと移植が行われた。外科医はまた、動脈3本、静脈4本、神経2本をつながなくてはならなかった。新しいペニスと陰嚢に対して拒絶反応が起こるリスクを下げるために、患者にはドナーの骨髄も移植された。患者には今後も免疫抑制剤が必要になるが、投薬量は通常よりもずっと少量だという。

(翻訳:ガリレオ)

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月