最新記事

イスラエル

豚はダメでもクローン豚ならOK?

New Kosher Rulings

2018年4月18日(水)15時45分
ベンジャミン・フィアナウ

コーシャ認定機関のラビが食料品店で販売される肉を調べる Baz Ratner-REUTERS

<ユダヤ教には厳格な食事規定があるが新しいテクノロジーの登場に伴い現代的な解釈が求められている>

ユダヤ教の食事規定では、豚は食べてはいけない動物に分類されている。ただし、クローン豚は例外だ――イスラエルの著名なラビ(ユダヤ教の聖職者)であるユバル・シャルローのそんな大胆な宣言が物議を醸している。

ユダヤ教の食事規定「カシュルート」の現代的な解釈の第一人者であるシャルローは3月、イスラエルの有力紙イディオト・アハロノトのインタビューで、クローン豚は「コーシャ(食べてもよいもの)」を定めたカシュルートの規定の範囲外にあると述べた。

カシュルートでは、ひづめが分かれていて、反芻をする動物しか食べてはならないことになっている。つまり羊やヤギは食べてもよいが、反芻しない豚はダメ。だがシャルローの解釈によると、クローン豚は豚の体細胞から取り出したDNAを移植してつくられるため、その細胞はもはや豚の「アイデンティティー」を失っているという。

カシュルートでは肉類と乳製品を一緒に食べることも禁じられているが、シャルローによると、クローン豚の肉はこの規定にも当てはまらず、乳製品と一緒に食べてもよいという。

食肉産業は次第に商業主義に走り、カシュルートで禁じられている残忍な方法で殺された食肉が提供されるようになっていると、シャルローは指摘する。

人工培養肉も食べていい

クローン豚を解禁すれば飢餓を減らせるだけでなく、動物の苦痛や環境汚染をもたらす世界的な食肉産業への依存も減らすことができる。

「食糧源は減っているが、人口は急速に増えている。今の世界にとって、この新しい発明は戦略的に重要だ。ユダヤ法の解釈は人類全体のニーズを考慮したものでなければならない」

シャルローはただのラビではない。権威あるゾーハル・ラビ協議会の倫理部門の長を務め、イスラエル保健省の倫理委員会のメンバーでもある。

ニュース速報

ビジネス

英GDP改定値、第1四半期は前期比+0.1% 12

ビジネス

今後は目標上回るインフレ上昇を容認する必要も=フィ

ワールド

中国、米朝に忍耐を求める

ワールド

働き方改革法案、衆院委で可決=野党は厚労相不信任で

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 8

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 9

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 10

    米朝会談キャンセルで、得をしたのは中国を味方に付…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 8

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月