最新記事

動物

2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様な姿... 

2018年4月9日(月)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

CBS New York-YouTubeより

<人間の出したゴミのせいで傷つく野生動物たち。発見者は、目の前に「歩く瓶」が現れたと語る>

米ニュージャージー州ののどかなエリアでは、シカを目にすることも珍しくない。野生のシカと人間が共存しているという。

しかしながら、同州中部マンモス郡のコルツ・ネックで発見されたシカは、想像の斜め上を行く姿だったため、遭遇した男性2人は2度見する必要があった。首から下はシカのフレームなのに、頭部がおかしい。

男性たちは、目の前の見慣れない生物を確認しようと近づいた。ゆっくりと距離を詰めて、やはりシカだと確信した。ただひとつおかしいのは、頭がすっぽりガラスの球体にまっていたことだ。

特異な姿の個体は追放される

シカは通常、群れを作って行動する動物だが、ガラス球に頭を突っ込んだシカの周りに仲間の気配はなく1人ぼっちだった。

マンモス郡動物虐待防止協会(MCSPCA)によると、シカは群れのなかに通常の姿でない個体が発生した場合、外的からの襲撃のリスクを回避するために、群れから追放するという。このシカが、いつからガラス球を被って生活していたのか分からないが、この間は水を飲むことさえできなかっただろう。


動物情報サイト「アニマル・ビーイング・キュート」は、原因を特定するのは難しいとしながらも、この若いオスのシカが、人間の持ち込んだゴミに何らかの拍子で頭を突っ込んで抜けなくなってしまった可能性を示唆している。

ニュース速報

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

ビジネス

日産、英工場で数百人削減へ ディーゼル車需要縮小=

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 7

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    隕石内のダイヤモンド、太陽系初期に存在した大型原…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月