最新記事

映画

キューブリック風の神話にエロ描写を添えた怪作『聖なる鹿殺し』

2018年3月14日(水)14時45分
サム・アダムズ

心臓外科医のスティーブンは父親を失ったマーティンを何かと気に掛けているが (c)2017 EP SACRED DEER LIMITED, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, NEW SPARTA FILMS LIMITED

<ギリシャの奇才ランティモス監督の『聖なる鹿殺し』は後味がすっきりしないホラー>

若手俳優がこれほど懸け離れたキャラクターを演じ分けられるとは驚きだ。『ダンケルク』で兵士たちを救うべく民間船に乗り込んだ英雄ジョージを演じたバリー・コーガン。その彼が、ヨルゴス・ランティモス監督の『聖なる鹿殺し』では主人公の外科医一家を追い詰める謎の青年マーティンを演じる。

ジョージはいかにも世間知らずの純朴な若者だった。マーティンも強烈な第一印象を与えるが、その正体が見えてくるのは終盤に近づいてからだ。

心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は父親のいないマーティンを気に掛け、何かと面倒を見ている。何の特徴もないアメリカの都市(ロケ地はシンシナティ)の川辺の道を一緒に歩き、父親かおじのように人生について語ったり、愛用の腕時計をプレゼントしたりする。だが2人の会話はどこかよそよそしく、2人とも心ここにあらずといった感じだ。

今回もランティモスは、エフティミス・フィリップと組んで脚本も手掛けた。2人の脚本に見られる抽象的な概念や比喩を盛り込む手法は、次第にエスカレートしているようだ。09年の『籠の中の乙女』は、子供を家に閉じ込め、社会から隔絶して育てる裕福な夫婦の話だった。だが最近は、「わが子」である映画そのものまで現実世界から隔絶させている。

前作の『ロブスター』は異性の伴侶が見つからなければ、手術で動物の体に変えられるという不条理な近未来(おそらく)が舞台。設定がとっぴなのに、登場人物が大真面目に演じているため、おかしさが倍増した。一方、神話の領域まで踏み込んだ本作は、現実から離れ過ぎて映画の息の根が止まりそうだ。

ギリシャ人のランティモスが初めてアメリカで撮ったこのホラーは、ギリシャ神話を基にした彼の初作品。そこにひねりがある。タイトルが示すように、この映画は女神アルテミスの聖なる鹿を殺したアガメムノンが、女神の怒りを鎮めるために娘のイピゲネイアをいけにえにするという神話を下敷きにしている。

映画での怒れる神はマーティンだ。父親の死に絡む彼の怒りは、スティーブンがいけにえを差し出さなければ収まらない。

手の込んだゲームのよう

何やら深遠なシーンの連続は亡き巨匠スタンリー・キューブリックを連想させる。彼の遺作『アイズ・ワイド・シャット』でトム・クルーズの妻役を演じたニコール・キッドマンがスティーブンの妻を演じるのは、ランティモスの個人的なジョークのようだ。

しかしスティーブンの娘と息子がマーティンの「呪い」に苦しめられる頃から、この映画はキューブリックへのオマージュから、ミヒャエル・ハネケ監督風の理不尽な暴力にラース・フォン・トリアー監督風のエロ描写を加えた怪作へと変質する。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月