最新記事

アメリカ社会

トランプ政権、学校の安全対策で銃購入年齢引き上げ見送り 教職員の銃携行訓練の支援を採用

2018年3月13日(火)10時52分

3月11日、米国のトランプ政権は夜、フロリダ州の高校で先月起きた乱射事件を受け、学校の安全対策案を発表した。写真は会見するサンダース報道官。ホワイトハウスで9日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

米国のトランプ政権は11日夜、フロリダ州の高校で先月起きた乱射事件を受け、学校の安全対策案を発表した。

政府案には、トランプ大統領が事件後に支持してきた対策の一つである、銃購入が可能な最低年齢の引き上げが含まれなかった。一方、一部の州で導入され、全米ライフル協会(NRA)も支持している教職員の銃携行訓練への支援は盛り込まれ、資金は司法省が拠出する。

政府案はおおむねNRAの方針に沿った内容となった。

大統領はツイッターに「銃購入最低年齢の18歳から21歳への引き上げについては、政府が行動する前に裁判所の事例を参考にする。現在は州政府がこの決定を行っている。(この規制に関する)取り組みは急速に進んでいるが、政治的な支持はさほど得られていない」と投稿した。

フロリダ州では9日、銃購入最低年齢を18歳から21歳に引き上げる銃規制法が成立。NRAは新法は違憲だとして撤回を求めて提訴している。

ホワイトハウスのサンダース報道官は会見で、トランプ大統領は銃購入年齢引き上げを含む変更案の一部を引き続き支持しているが、現在は議会で可決が見込める対策案を優先していると説明した。

大統領は、議会に提出されている銃購入者の経歴調査を強化する法案を支持すると表明。しかし、展示会やインターネットを介して銃を販売する際に購入者の身元確認を義務付けるなどの幅広い規制案は支持しなかった。

NRAはトランプ政権の案に関するコメントの求めに応じていない。

議会民主党指導部はトランプ政権がNRAの要求に屈したと非難するとともに、より厳格な銃対策を推進する方針を示した。

トランプ政権は今回、銃の購入最低年齢引き上げなど、特に賛否両論のある案については政権案に盛り込まず、デボス教育長官が率いる委員会での検討を待つとして先送りした。米国のトランプ政権は11日夜、フロリダ州の高校で先月起きた乱射事件を受け、学校の安全対策案を発表した。

政府案には、トランプ大統領が事件後に支持してきた対策の一つである、銃購入が可能な最低年齢の引き上げが含まれなかった。一方、一部の州で導入され、全米ライフル協会(NRA)も支持している教職員の銃携行訓練への支援は盛り込まれ、資金は司法省が拠出する。

政府案はおおむねNRAの方針に沿った内容となった。

大統領はツイッターに「銃購入最低年齢の18歳から21歳への引き上げについては、政府が行動する前に裁判所の事例を参考にする。現在は州政府がこの決定を行っている。(この規制に関する)取り組みは急速に進んでいるが、政治的な支持はさほど得られていない」と投稿した。

フロリダ州では9日、銃購入最低年齢を18歳から21歳に引き上げる銃規制法が成立。NRAは新法は違憲だとして撤回を求めて提訴している。

ホワイトハウスのサンダース報道官は会見で、トランプ大統領は銃購入年齢引き上げを含む変更案の一部を引き続き支持しているが、現在は議会で可決が見込める対策案を優先していると説明した。

大統領は、議会に提出されている銃購入者の経歴調査を強化する法案を支持すると表明。しかし、展示会やインターネットを介して銃を販売する際に購入者の身元確認を義務付けるなどの幅広い規制案は支持しなかった。

NRAはトランプ政権の案に関するコメントの求めに応じていない。

議会民主党指導部はトランプ政権がNRAの要求に屈したと非難するとともに、より厳格な銃対策を推進する方針を示した。

トランプ政権は今回、銃の購入最低年齢引き上げなど、特に賛否両論のある案については政権案に盛り込まず、デボス教育長官が率いる委員会での検討を待つとして先送りした。

[ワシントン 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

中計は拡大路線、6年後預かり資産100兆円=中田・

ワールド

首相は先頭に立ち説明責任尽くして欲しい=加計疑惑で

ビジネス

前場の日経平均は小反落、2万3000円近辺でもみあ

ビジネス

中国証監会、環境重視の政策推進へ

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月