最新記事

韓国事情

コンビニコーヒーは、安すぎる? 韓国のコーヒー事情

2018年3月9日(金)16時50分
佐々木和義

韓国のスタバは高級ブランドとして人気 Kim Hong-Ji-REUTERS

<韓国のコーヒー市場は成長し続けている。スターバックスは、価格は高い設定で店舗数で日本の倍以上の人気だが、コンビニコーヒーは成功していない...>

韓国コーヒー市場は、2017年度にはじめて10兆ウォンを超え、11兆7397億ウォン(約1兆1700億円)に達した。推定消費量は265億杯で、国民1人当たり512杯飲んだ計算になる。飲食文化の多様化で、高級嗜好品を好む消費者の趣向を反映したコーヒー専門のカフェが増加し、単価の高いコーヒーの消費が拡大している。

韓国のコーヒーは、インスタントコーヒーと砂糖、クリームの粉末がセットになったスティックタイプの「ミックスコーヒー」が主流だが、2000年頃からスターバックスをはじめとするカフェが急増し、レギュラーコーヒー市場は2007年の9000億ウォン台から2017年は7兆8628億ウォンと10年で7倍以上に急成長した。

スターバックスの人口当たり店舗数、日本の倍以上

1999年に韓国1号店をオープンしたスターバックスは、2017年1月までに1000店を超え、人口5万人当り1店舗で、11万人に1店舗の展開日本の2倍以上となっている。2016年に売上高が1兆ウォンを突破し、2017年には営業利益が1000億ウォンを超えるなど、韓国のコーヒー市場をけん引する。

韓国スターバックスの主力商品はアメリカーノで、ショート、トール、グランデ、ベンティの4つのサイズがあり、販売比率はトールサイズが61%で、大容量のグランデとベンティが合わせて31%を占めている。大容量が好まれる風潮から1リットルコーヒーを売り出すコーヒー専門店も現れた。

持ち歩き用に大きめの紙コップを好む消費者

韓国農林畜産食品部と韓国農水産食品流通公社(aT)の調査によると、韓国の消費者がコーヒーを飲む時間帯は、昼食後(27.6%)が最も多く、出勤後など午前に1人でいる時間(20.4%)が続いている。コーヒーをよく飲む場所は会社(34.1%)、自宅(26.0%)、コーヒー専門店(23.7%)の順だ。

ソウルでは11時半を過ぎるとオフィスを出て、早々に昼食を摂る会社員が多い。食後はカフェなどに移動してドリンクを飲みながら談笑し、午後1時にオフィスに戻るのがトレンドだ。カフェで飲み切れないコーヒーはオフィスに持ち帰る。韓国のカフェは紙コップがスタンダードで、持ち歩き用に大きめの紙コップを好む消費者が多い。

昼食時間を過ぎるとパソコンを持った学生などがカフェを利用する。電源コンセントは先着順で自由に使え、レシートには無料Wi-FiのIDとパスワードが書かれている。カフェにパソコンを持ち込み、ドリンク1杯で長時間過ごす若者が少なくない。

スタバは高めの価格を設定

スターバックスのアメリカーノは4100ウォンと高めの設定で、他のコーヒーチェーンも4100〜4500ウォンの価格設定だ。UCC上島珈琲の現地法人UCCコーヒー韓国は、回転率の悪さを高価格の要因とみる。おかわりを要求する長時間利用客やグループ客のなかには他店で買った商品を持ち込んで一切注文しない人も含まれる。その見返りが高めの価格設定につながっているのだという。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは110円後半、「111円台でいったん天

ビジネス

中計は拡大路線、6年後預かり資産100兆円=中田・

ワールド

首相は先頭に立ち説明責任尽くして欲しい=加計疑惑で

ビジネス

前場の日経平均は小反落、2万3000円近辺でもみあ

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月