最新記事

アメリカ経済

トイザラス、米国の全735店舗閉鎖へ 約3万人失職、玩具メーカーに影響も

2018年3月15日(木)17時40分

3月15日、経営再建中の米玩具販売チェーン大手トイザラスは、米国内の全735店舗を閉鎖すると発表した。買い手を見つけることも債権者と債務再編で合意することもできなかったという。写真は9日、同社のニューヨークにある店舗内の様子(2018年 ロイタ―/Eduardo Munoz)

経営再建中の米玩具販売チェーン大手トイザラスは15日、米国内の735店舗を閉鎖すると発表した。買い手を見つけることも、債権者と債務再編で合意することもできなかったという。これにより、約3万人が職を失う可能性がある。

同社はまた、米店舗のうち業績の良い200店舗程度とカナダ事業を統合する取引に一部のグループが関心を持っており、協議を進めていると明らかにした。

トイザラスの店舗閉鎖はさまざまな世代の消費者だけでなく、製品を納めていたマテルやハスブロ、レゴのような玩具メーカーにとっても大きな打撃となる。

同社は、米国内店舗の在庫を清算する承認を申請。今後は、継続事業の再編とカナダおよびアジア、ドイツ、オーストリア、スイスを含む中欧事業の売却手続きを進める方針。

デービッド・ブランドン最高経営責任者(CEO)は「米国内の事業を続けていくための金融支援が受けられなくなった。従って、米国事業の閉鎖を秩序あるプロセスで実行していく」と述べた。

トイザラスは米国内でフルタイムとパートタイムを合わせ、約3万3000人を雇用している。

同社は、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムなどとの競争激化により業績が低迷し、昨年の9月には米連邦破産法第11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。経営再建の一環として、米国内の店舗5分の1の閉鎖を既に進めていた。

[15日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月