最新記事

職場恋愛

「社内恋愛のガイドラインを作って!」 職場のトラブル回避に対応さまざま 

2018年2月28日(水)18時07分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

トラブルに巻き込まれると心身共に疲弊する contrastaddict-iStock.

<フィリピンでは安心して社内恋愛ができるようになる? かたやアメリカでは「#MeToo」の影響がこんなところに...>

一歩間違うとトラブルにもなりかねない「社内恋愛」。たとえ非が無くても立場の優劣で弱者がとばっちりを食らったり、はらわたが煮えくりかえる思いをさせられる不条理は世界中で起こっている。

先ごろフィリピン労働組合連合(ALU-TUCP)は、社内恋愛トラブルにまつわる画期的な提案をした。「社内恋愛は自由だが、労働者が不利益を被らないような規則は作るべき」と主張し、労働雇用省に社内恋愛についてのガイドライン策定を求めたのだ。

ALU-TUCPは、労働者が社内恋愛のもつれが原因で降格や解雇、異動、賃金カットなどの不利益を被るケースがあると指摘している。マニラタイムズによると、フィリピンには同一の勤務先で独身の従業員同士が恋愛関係になることを禁止する法律はないが、実際には職場恋愛のせいで不当な扱いを受ける労働者がいる。

ALU-TUCPの広報、アラン・タンジュサイは、意地の悪い雇用主が社内恋愛を悪用するのを防ぐために、ガイドラインが必要だと訴える。「もちろん国が社内恋愛に関与するべきではないが、国のガイドラインが会社規則に反映され、無法状態の改善が期待できる」と語った。

アメリカでは社内恋愛が急減

タンジュサイは、「愛に境界はない」「企業や雇用者は職場での恋愛を盛り上げる施策を立てるべき」と情熱的な発言が目立つが、フィリピン以外ではどうだろうか。

CBSは、アメリカの社内恋愛について興味深いデータを伝えている。人材大手のキャリアビルダーが実施した調査によると、社内恋愛は特にこの10年で減る傾向にあり、「同僚とデートしたことがある」人は昨年の41%から36%に減少した。

同僚と交際した経験がある人は、状況がややこしくなる恐れがあることを知っているのだ。フィラデルフィアを拠点にするジョー・マローン弁護士は、「(社内恋愛が)仕事を巻き込むなら、しっかりと考える必要がある」と話す。

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月