最新記事

トランプ暴露本 政権崩壊の序章

暴露本『炎と怒り』が明かすトランプ政権の深層

10 New Takeaways

2018年2月13日(火)18時00分
アレクサンダー・ナザリアン(本誌シニアライター)

バノン(写真左)とクシュナー(同右)の確執やスパイサーの本音も暴露 Kevin Lamarque-REUTERS

<トランプと保守派メディアの太いパイプや広報対応のずさんさが明らかに>

ドナルド・トランプの大統領就任の裏で大きな役割を果たしたのが、テレビ局のFOXニュースやオンラインメディア「ブライトバート」といった右派メディアだ。彼らはトランプを大統領にふさわしい人物と持ち上げ、共和党の既存の政治家に取って代われる存在だというイメージをつくり上げた。

マイケル・ウルフの新著『炎と怒り』にも、トランプと保守派メディアの蜜月ぶりや政権の広報部門の裏側が赤裸々に描かれている。暴露された10の「事実」を紹介すると......。

【1】ロジャー・エールズはFOXニュースのCEOとして米政界に多大な影響力を持ち、大統領選でトランプの助言役も務めた人物。16年にセクハラ疑惑で同社を去ったが、トランプの右腕だったスティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問(当時)に接近。新たな保守系テレビ局を立ち上げてFOXの有名キャスターらを引き抜く構想について相談していたという。

「(FOXの看板キャスター)ビル・オライリーと(トーク番組の人気司会者)ショーン・ハニティが加われば、近い将来、トランプに刺激された右派の情熱と主導権による新時代が訪れ、大きなテレビ利権が生まれる可能性があった」と、ウルフは書いている。

【2】そのエールズは「トランプが自分の悪口ばかり言っている」という報道に傷つき、トランプと仲たがいしていたと、ウルフは指摘する。エールズは「最高の忠誠心を求める男ほど他人への忠誠心が薄いものだ」と不満を漏らしていたという。エールズは昨年5月、77歳で亡くなった。

【3】トランプは何かにつけてニューヨーク・タイムズ(NYT)やCNNといった大手メディアを批判するが、その一方で主要メディアが自分についてどう報じるか常に気にしていたという。「大統領の会話のかなりの部分は、キャスターや司会者が彼について言ったことの繰り返しだ」と、ウルフは書く。毎日何時間もテレビを見ているという報道について、トランプは否定しているが。

【4】ウルフに言わせればトランプは典型的な女性差別主義者だが、職場では女性を信頼している。女性のほうが男性よりも忠誠心が強く、信頼が置けるからだという。ただし女性はセクハラを我慢しない限り、トランプと一緒に働くことはできなそうだが。

【5】テレビカメラの前で激しい言葉でトランプを擁護する姿が印象的なケリーアン・コンウェイ上級顧問。だがプライベートでは、大統領をこき下ろす発言を連発しているようだ。「彼女はトランプをひどい誇張ばかりのばかげた人物と見なしているようだ。彼女は大統領に対する自身の考えをさまざまな表情を駆使して伝えている。軽蔑のまなざしを向けたり、口をポカンと開けたり、頭を振ったり」

ニュース速報

ワールド

加トロントで車が歩道を暴走、9人死亡・16人負傷 

ワールド

新たな日米通商枠組み、協議開始は6月中旬以降に=茂

ワールド

ブッシュ元米大統領、血液感染症で入院 回復へ

ワールド

今後数年のIOローン期限切れ、家計への影響軽微=豪

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わる!

  • 4

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 7

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月