最新記事

軍事パレード

トランプ最悪の命令が、アメリカを軍国主義に染める──「軍事パレードをやりたい」

Pentagon Working on Trump Parade Plans

2018年2月8日(木)16時30分
グレッグ・プライス

フランスのパリで、革命記念日の軍事パレードを見るトランプ。カッコよかったのでアメリカでもやりたいとか Kevin Lamarque-REUTERS

<世界最強の軍隊を持ちながらこれまでパレードによる武力の誇示を行ってこなかったアメリカが、ワシントンで戦車や核ミサイルを引き回すのか>

米紙ワシントン・ポストは2月6日夜、ドナルド・トランプ大統領が軍事パレードの実施を検討するよう指示を出したと報道した。この件に関して質問を受けたジェームズ・マティス国防長官によれば、パレードにどのくらいの費用がかかるかは不明で、国防総省が作業中だという。

7日にも会見を行ったマティスは、「私の仕事は、戦略を立てることと国防予算が十分に得られるよう議会に対して説明することだと思う」と述べた。「軍事パレードに関して言えば、大統領が持っている軍に対する尊敬と愛情が、(パレード実施という)要望に反映されたのだと思う」

「この国の人々はみな、大統領が軍に対して尊敬と愛情の念を持っていることを知っているはずだ。われわれはいくつかの選択肢をまとめている」と続けた。「それをホワイトハウスに提案して決定を仰ぐことになる」

ワシントン・ポストは匿名の軍当局者の話として、トランプは1月18日に行われた国防総省との会議の席上、軍高官に対して、「フランスがやっているような」パレードがしたいと語ったと報じた。この人物は、トランプの要望を「命令」だとしている。

トランプは2017年7月、軍最高司令官になって初めてフランスを公式訪問した際に、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とともにフランス革命記念日を祝う軍事パレードに出席した。

その金は米軍が勝つために使え

トランプが軍事パレードの実施を望んでいることが広まった直後から、共和・民主両党の議員は、軍事パレードは多額の費用がかかる上に、挑発的な悪いイメージを与えかねないとして激しく批判した。

民主党のディック・ダービン上院議員(イリノイ州選出)はMSNBCに対し、「大統領がパレードに使おうとしている金は、米軍兵士が十二分に戦闘に備え、無事に戦って家族の元へと帰れるようようにするために使うべきだ」と言った。

これまでトランプを支持してきた共和党のリー・ゼルディン下院議員(ニューヨーク州選出)も、武器や軍用車がワシントンD.C.のど真ん中を行進するなどあり得ないとはねつけた。

ゼルディンは2月6日にCNNに対し、「ペンシルベニア・アベニュー(議事堂とホワイトハウスを結ぶ大通り)を戦車や核兵器が行進するべきだとは思わない」と語った。「コストも問題になるだろう」

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ビジネス

香港金融管理局が市場介入、米国取引時間に21.59

ビジネス

大塚家具株が軟調、身売り交渉難航と報道

ワールド

イタリア閣僚、2019年度予算を協議 債務削減と財

ビジネス

コカ・コーラ、元NBAスター選手支援のスポーツ飲料

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月