最新記事

ヘルス

男性諸君、ハイテク下着で精子を守れ!

2018年2月7日(水)11時00分
エイプリル・グレーザー

銀繊維で電磁波を遮断するハイテク下着 Patrick T. Fallon-Bloomberg/GETTY IMAGES

<スマホはいつもジーンズの前ポケット? それなら電磁波をカットしてくれる下着をどうぞ>

世界最大の情報家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に露出狂の男たちが乱入、したわけではない。写真の2人はれっきとした出展企業のスタッフ。まあ、女から見ると限りなくセクハラに近いけれど、IT産業の世界が男性優位なのは周知の事実だ。そんなこと気にしていたらCESの取材なんかできない。

今やカジノの都ラスベガスの新年恒例行事となった感のあるCESには、例によって大ヒットを予感させる新製品から「誰が買うの?」と首をかしげたくなる珍商品までが勢ぞろい。写真の男性用「ハイテク」ブリーフは後者の例だと思うけれど、昨年に続いての出展ということは、ひそかに買い求める男性がそれなりにいたのかも。

製造元のスパルタン社によれば、この1年間の販売実績は約3万枚(SからXXLまでの5サイズあり、1枚35ドル前後)に上る。主な顧客はジーンズの前ポケットにスマートフォンを入れて歩く習慣があり、かつスマホの放つ電磁波による精子の減少を気にする男たち。布地に銀繊維が織り込んであり、これで電磁波を99%までカットできるそうだ。

モバイル機器の放つ電磁波が体に悪いという話はスマホ以前の時代からあった。携帯電話を耳に押し当てて長時間しゃべっていると脳腫瘍になるという都市伝説もあれば、それなりに科学的な研究もある。

例えば16年にはイスラエルのテクニオン大学の研究者らが、日頃からスマホを下半身に近づけて持ち歩く男性では精子の数が減る傾向があると警告している。ただし統計的なデータにすぎず、因果関係は明らかでない。また飲酒や喫煙、太り過ぎや過度なストレスなども、元気な精子の数や運動能力に影響を及ぼすとされている。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月