最新記事

ヘルス

男性諸君、ハイテク下着で精子を守れ!

Smartphone-Proof Briefs

2018年2月7日(水)11時00分
エイプリル・グレーザー

銀繊維で電磁波を遮断するハイテク下着 Patrick T. Fallon-Bloomberg/GETTY IMAGES

<スマホはいつもジーンズの前ポケット? それなら電磁波をカットしてくれる下着をどうぞ>

世界最大の情報家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に露出狂の男たちが乱入、したわけではない。写真の2人はれっきとした出展企業のスタッフ。まあ、女から見ると限りなくセクハラに近いけれど、IT産業の世界が男性優位なのは周知の事実だ。そんなこと気にしていたらCESの取材なんかできない。

今やカジノの都ラスベガスの新年恒例行事となった感のあるCESには、例によって大ヒットを予感させる新製品から「誰が買うの?」と首をかしげたくなる珍商品までが勢ぞろい。写真の男性用「ハイテク」ブリーフは後者の例だと思うけれど、昨年に続いての出展ということは、ひそかに買い求める男性がそれなりにいたのかも。

製造元のスパルタン社によれば、この1年間の販売実績は約3万枚(SからXXLまでの5サイズあり、1枚35ドル前後)に上る。主な顧客はジーンズの前ポケットにスマートフォンを入れて歩く習慣があり、かつスマホの放つ電磁波による精子の減少を気にする男たち。布地に銀繊維が織り込んであり、これで電磁波を99%までカットできるそうだ。

モバイル機器の放つ電磁波が体に悪いという話はスマホ以前の時代からあった。携帯電話を耳に押し当てて長時間しゃべっていると脳腫瘍になるという都市伝説もあれば、それなりに科学的な研究もある。

例えば16年にはイスラエルのテクニオン大学の研究者らが、日頃からスマホを下半身に近づけて持ち歩く男性では精子の数が減る傾向があると警告している。ただし統計的なデータにすぎず、因果関係は明らかでない。また飲酒や喫煙、太り過ぎや過度なストレスなども、元気な精子の数や運動能力に影響を及ぼすとされている。

ニュース速報

ワールド

豪首相、年内に訪中へ 貿易問題解消へ関係改善を模索

ワールド

メルケル独首相、中国訪問で相互市場アクセスや知的財

ワールド

中国住宅省、地方政府の不動産価格抑制策に対する検査

ビジネス

中国金融部門の開放、互恵の原則で実施へ=銀行保険監

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 3

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 4

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 5

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 6

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 10

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月