最新記事

宇宙

ロシアの宇宙ロケット企業が、宇宙遊泳体験を販売 

2018年2月7日(水)16時20分
松岡由希子

ロシアの宇宙ロケット企業が、宇宙遊泳体験を販売 Sergei Remezov-REUTERS

<ロシアの宇宙ロケット企業エネルギアが、国際宇宙ステーション(ISS)での宇宙遊泳体験を富裕層向けに販売する計画を明らかにした>

ロシアで宇宙ロケットの開発を手がける企業エネルギアは、2018年1月、上空350キロメートルにある国際宇宙ステーション(ISS)から青い地球を眺めたり、宇宙遊泳を体験できる宇宙観光サービスを富裕層向けに販売する計画を明らかにした。現在、宇宙開発全般を担当するロシアの国営企業ロスコスモスにおいて、その計画内容が審査されている。

一般の観光客をISSに届ける新たなモジュールを開発

実験施設と太陽電池パネルを備えたISSのモジュール「NEM-1」の建設をすすめているエネルギアでは、一般の観光客をISSに届ける新たなモジュールとして、「NEM-1」の設計をベースとする「NEM-2」(仮称)を開発。

快適性にも配慮されたこのモジュールは、4名から6名乗りで、2立方メートルの個室が4室用意されているほか、トイレが2カ所設置され、インターネットへの接続環境も整っている。

ロシアと米国との異色な共同プロジェクトとしても注目

「NEM-2」は、ロシアと米国との異色な共同プロジェクトとしても注目されており、「NEM-2」に使用する特殊な科学機器の供給や提携について、米国の大手航空宇宙機器開発メーカーのボーイングが関心を示しているという。

なお、「NEM-2」に滞在する宇宙旅行の代金は1億ドル(約110億円)程度となる予定。エネルギアでは、年間の旅行客数を5人から6人程度と予測しており、7年半で損益分岐点に達する見込みだ。

「シルク・ドゥ・ソレイユ」の創業者もISSに滞在

ロシアではこれまでにも民間人の宇宙旅行を実施している。2006年にイラン系アメリカ人実業家のアニューシャ・アンサリが民間人の女性ではじめて宇宙を旅行したほか、2009年には、カナダのパフォーマンス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の創業者であるギー・ラリベルテが、12日間にわたってISSに滞在した。

近年の宇宙開発においては、欧米の実業家も積極的に関与している。ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソンが率いる「ヴァージン・ギャラクティック」では、最大8人乗りの商用宇宙船「スペースシップ・ツー」を開発。また、アマゾン・ドット・コムの共同創業者ジェフ・ベゾフが創設した「ブルーオリジン」では、2017年12月、民間人を宇宙に届ける「クルー・カプセル2」の飛行実験を初めて実施した。

「クルー・カプセル2」の飛行実験

まだまだ高価ではあるものの、民間人が宇宙で滞在できるようになる日が着実に近づきつつあるようだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月