最新記事

投資

仮想通貨ブームに乗じた、投資詐欺にご用心

2018年1月27日(土)17時40分
アーロン・マク

怪しげな投資セミナーや高いリターンをうたうICOなど、仮想通貨詐欺は野放し状態 gremlin-iStock.

<投資のビギナーが手っ取り早く稼ごうとして、ネットにあふれた偽情報に踊らされる>

わずかの資金があっという間に10倍、100倍になる。そんな儲け話に釣られて投資の初心者が群がる分野では、フェイクニュースが恐るべき威力を持つ。

それが猛威を振るう仮想通貨詐欺の教訓だ。規制当局もようやく重い腰を上げ始めたが、もっともらしい相場予測をする詐欺師は今も後を絶たない。アマチュア投資家はいいカモだ。

投機的なブームが過熱するなか、規制の動きはじわじわ広がりつつある。韓国は仮想通貨取引所の閉鎖も視野に入れ規制を検討している。既に取引所を閉鎖した中国は携帯アプリなどを利用した取引も規制する考えだ(この2つのニュースがビットコインの値下がりに拍車を掛けたとの見方もある)。

アメリカでは、かなり前から投資詐欺が疑われていた仮想通貨BCCの取引所であるビットコネクトが、2州の規制当局から取引停止を通告され、1月16日に閉鎖に追い込まれた。

その3日後には米商品先物取引委員会(CFTC)が、顧客の資金をだまし取った疑いで仮想通貨の取引を行っていた事業者を相手取り3件の訴訟を起こしたことを明らかにした。

こうした動きがあっても、詐欺は一向になくならない。ニュースサイトのバズフィードは、悪質な相場師たちがソーシャルメディアやダミーのウェブサイトでテクノロジー業界の大物の名をかたって偽情報を広め、仮想通貨の価格を操作していた事例を紹介している。

新規通貨はハイリスク

例えばハンドルネーム@officiallmcafee(公式を意味するofficial にlを1つ多く付けたのがミソだ)のツイッターのアカウントは最近、情報セキュリティー大手マカフィーの創業者であるジョン・マカフィーの名をかたって、投資アドバイスを盛んに流し始めた。偽ツイートをした人物の正体は不明だが、1月14日午前3時にGVTという仮想通貨を買えと指示。

その後20分以内に、GVTの価格は30ドルから45ドルに跳ね上がり、再び30ドル前後に下落した。

このほかにもリチャード・ブランソンやイーロン・マスクなど著名実業家の名をかたって、偽の投資情報が流されている。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは106円後半、上値限定的

ワールド

鉄鋼・アルミ輸入制限、対象絞った関税制度が好ましい

ビジネス

消費増税、麻生財務相「きちんとやらせていただきたい

ビジネス

前場の日経平均は反発、米金利低下で心理改善 円高は

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 6

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月