最新記事

投資

仮想通貨ブームに乗じた、投資詐欺にご用心

2018年1月27日(土)17時40分
アーロン・マク

怪しげな投資セミナーや高いリターンをうたうICOなど、仮想通貨詐欺は野放し状態 gremlin-iStock.

<投資のビギナーが手っ取り早く稼ごうとして、ネットにあふれた偽情報に踊らされる>

わずかの資金があっという間に10倍、100倍になる。そんな儲け話に釣られて投資の初心者が群がる分野では、フェイクニュースが恐るべき威力を持つ。

それが猛威を振るう仮想通貨詐欺の教訓だ。規制当局もようやく重い腰を上げ始めたが、もっともらしい相場予測をする詐欺師は今も後を絶たない。アマチュア投資家はいいカモだ。

投機的なブームが過熱するなか、規制の動きはじわじわ広がりつつある。韓国は仮想通貨取引所の閉鎖も視野に入れ規制を検討している。既に取引所を閉鎖した中国は携帯アプリなどを利用した取引も規制する考えだ(この2つのニュースがビットコインの値下がりに拍車を掛けたとの見方もある)。

アメリカでは、かなり前から投資詐欺が疑われていた仮想通貨BCCの取引所であるビットコネクトが、2州の規制当局から取引停止を通告され、1月16日に閉鎖に追い込まれた。

その3日後には米商品先物取引委員会(CFTC)が、顧客の資金をだまし取った疑いで仮想通貨の取引を行っていた事業者を相手取り3件の訴訟を起こしたことを明らかにした。

こうした動きがあっても、詐欺は一向になくならない。ニュースサイトのバズフィードは、悪質な相場師たちがソーシャルメディアやダミーのウェブサイトでテクノロジー業界の大物の名をかたって偽情報を広め、仮想通貨の価格を操作していた事例を紹介している。

新規通貨はハイリスク

例えばハンドルネーム@officiallmcafee(公式を意味するofficial にlを1つ多く付けたのがミソだ)のツイッターのアカウントは最近、情報セキュリティー大手マカフィーの創業者であるジョン・マカフィーの名をかたって、投資アドバイスを盛んに流し始めた。偽ツイートをした人物の正体は不明だが、1月14日午前3時にGVTという仮想通貨を買えと指示。

その後20分以内に、GVTの価格は30ドルから45ドルに跳ね上がり、再び30ドル前後に下落した。

このほかにもリチャード・ブランソンやイーロン・マスクなど著名実業家の名をかたって、偽の投資情報が流されている。

ニュース速報

ビジネス

米中ハイテク株の選好鮮明に、新興国株はショート=B

ワールド

ユーロ圏共通予算、EU予算に統合される可能性=メル

ワールド

原油先物は下落、米在庫増や需要悪化懸念で

ビジネス

米テスラ、株式非公開化巡り特別委設置 マスク氏の正

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月