最新記事

動物

猫の利き手は性別で決まる? 利き手を探る調査で判明

2018年1月26日(金)19時00分
松丸さとみ

猫の利き手は性別で決まる? 101cats-iStock

どちらの前足を多く使うか

これまで、愛猫の「利き手」について考えたことはあるだろうか? 人間の場合は90%が右利きとされているが、猫の利き手を研究した大学の研究者によると、利き手の違いを作る最大の要因は、性別のようだ。アイルランドにあるクイーンズ大学のデボラ・ウェルズ博士のチームが研究し、学術誌「アニマル・ビヘイバー」に掲載した。

ウェルズ博士のチームは、44匹のネコ(オス24匹、メス20匹)を使って、利き手について研究した。博士によると、これまでもタスクを与えて調べたデータは存在したが、猫が自然な状態で行動する様子を調べたデータはなかった。そこで、自然な状況でのデータ収集と、タスクを与えてのテストを行うことにした。

データ収集もタスクを与えてのテストも共に、猫の自宅で行われた。自然な行動のデータ収集は、猫が自宅にいて取る行動を、飼い主が3カ月にわたって観察して記録する、という方法が取られた。寝る時、階段を降りる時、物をまたぐ時の3つの状況において、左右のどちらの手(前足)を優先的に使うか(寝る時はどちらを下に向けるか)を調べるのだ。

また、タスクを与えるテストでは、3段構造になっている猫用の餌タワーを使った。タワーには3つの穴が開いており、餌を取ろうとしてこの穴の中に手を入れる時に左右どちらを使うかを記録した。猫が飽きないよう1日15回を上限に、手を出して反応した数が計50回になるまでデータの収集が続けられた。

オスメスで違う利き手と使う脳

結果は、猫の大部分にとって「よく使う利き手」があることが分かったが、右利きと左利きの多さは同じくらいだった。また、自然な行動で集まったデータとタスクを与えてのテストで得たデータは、正の相関関係だった。ただし、寝る時にどちらを下にするかは、特に好みや「利き側」は見られなかったという。

そして、左右どちらを好むかは、猫の性別によって大きな違いがあることが分かった。オス猫は左手、メス猫は右手を使う傾向が強かったのだ。発表された記事によると、性別によって左右の利き手に違いが出るのは、これまでも犬や馬の研究で指摘されていたという。ただし、今回実験に参加した猫は44匹ともすべて不妊手術を受けているため、「ある意味、驚きだ」と研究チームは述べている。

動物のさまざまな種において、オスとメスで脳に違いがあることがこれまでも指摘されてきた。そのため、今回の実験で分かった猫の利き手が性別によって違うことについても、脳の違いが考えられるという。また、ホルモンの影響もある可能性があるというが、いずれにせよ現段階では詳しいことははっきり分かっておらず、「さらなる研究が必要だ」としている。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、国務長官をサウジに派遣 失踪記者

ビジネス

米老舗小売シアーズが破産法第11条申請、ネット通販

ビジネス

イタリア内閣、19年予算案承認 赤字拡大巡りEUが

ワールド

北朝鮮に真の非核化意志あれば、支援可能=マクロン仏

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月