最新記事

動物

猫の利き手は性別で決まる? 利き手を探る調査で判明

2018年1月26日(金)19時00分
松丸さとみ

猫の利き手は性別で決まる? 101cats-iStock

どちらの前足を多く使うか

これまで、愛猫の「利き手」について考えたことはあるだろうか? 人間の場合は90%が右利きとされているが、猫の利き手を研究した大学の研究者によると、利き手の違いを作る最大の要因は、性別のようだ。アイルランドにあるクイーンズ大学のデボラ・ウェルズ博士のチームが研究し、学術誌「アニマル・ビヘイバー」に掲載した。

ウェルズ博士のチームは、44匹のネコ(オス24匹、メス20匹)を使って、利き手について研究した。博士によると、これまでもタスクを与えて調べたデータは存在したが、猫が自然な状態で行動する様子を調べたデータはなかった。そこで、自然な状況でのデータ収集と、タスクを与えてのテストを行うことにした。

データ収集もタスクを与えてのテストも共に、猫の自宅で行われた。自然な行動のデータ収集は、猫が自宅にいて取る行動を、飼い主が3カ月にわたって観察して記録する、という方法が取られた。寝る時、階段を降りる時、物をまたぐ時の3つの状況において、左右のどちらの手(前足)を優先的に使うか(寝る時はどちらを下に向けるか)を調べるのだ。

また、タスクを与えるテストでは、3段構造になっている猫用の餌タワーを使った。タワーには3つの穴が開いており、餌を取ろうとしてこの穴の中に手を入れる時に左右どちらを使うかを記録した。猫が飽きないよう1日15回を上限に、手を出して反応した数が計50回になるまでデータの収集が続けられた。

オスメスで違う利き手と使う脳

結果は、猫の大部分にとって「よく使う利き手」があることが分かったが、右利きと左利きの多さは同じくらいだった。また、自然な行動で集まったデータとタスクを与えてのテストで得たデータは、正の相関関係だった。ただし、寝る時にどちらを下にするかは、特に好みや「利き側」は見られなかったという。

そして、左右どちらを好むかは、猫の性別によって大きな違いがあることが分かった。オス猫は左手、メス猫は右手を使う傾向が強かったのだ。発表された記事によると、性別によって左右の利き手に違いが出るのは、これまでも犬や馬の研究で指摘されていたという。ただし、今回実験に参加した猫は44匹ともすべて不妊手術を受けているため、「ある意味、驚きだ」と研究チームは述べている。

動物のさまざまな種において、オスとメスで脳に違いがあることがこれまでも指摘されてきた。そのため、今回の実験で分かった猫の利き手が性別によって違うことについても、脳の違いが考えられるという。また、ホルモンの影響もある可能性があるというが、いずれにせよ現段階では詳しいことははっきり分かっておらず、「さらなる研究が必要だ」としている。

ニュース速報

ワールド

中国、環境改善へ無駄な消費抑制とごみ問題への対処必

ワールド

日中首脳会談、やる以上は問題解決につながる形で=菅

ワールド

豪首相、年内に訪中へ 貿易問題解消へ関係改善を模索

ワールド

メルケル独首相、中国訪問で相互市場アクセスや知的財

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 3

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 4

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 5

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 6

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 10

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月