最新記事

動物

ラクダの美容整形禁止! サウジの「ミスコン」でボトックス注射が問題に

2018年1月24日(水)18時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

今年も多くのラクダが美を競い合った Faisal Al Nasser-REUTERS

<美しいラクダは超高額で取引されるため、唇に「痩せ薬」を注射する飼い主が出現>

子供やペットがコンテストに出場するとき、常識外れにお金をかけてしまう人はサウジアラビアにもいた。ヒトコブラクダ(以下、ラクダ)が身近な存在である同国では、所有するラクダの美しさを競うミスコンテストが行われており、飼い主たちは優勝を目指し手と金を尽くす。

そんな中、美しさを極めようとする飼い主がラクダに美容整形術の一種であるボトックス注射を打つことが問題視され、ついに運営サイドから禁止のお達しが出た。NYのタブロイド紙「ニューヨーク・ポスト」が伝えたところによると、毎年行われている「ラクダフェスティバル」の期間中の品評会に出場した12頭のラクダが、ボトックス注射を打ったために失格となった。評価のポイントは唇、頬、頭や膝のサイズで、見た目が良く高い評価を受けたラクダは莫大な金額で取引される。

昨年のミスコンでは、薬などを使ってラクダの見た目を良くする参加者が報告されていた(ニュースハブ)。そのため、今年の参加者には新しいガイドブックを配布し、「唇に薬品が含まれていたり、身体のパーツが削られたり、本来の姿から不自然に変化したラクダは許可しない」と明記されていたという。

(ボトックス注射が発覚して失格になったラクダのニュースを伝える投稿)


英デイリーメールによると、期間中、ラクダの取引総額は5700万ドル(63億円)にのぼるという。金に目がくらんだ悪質な参加者の取り締まりは一層厳しくなりそうだ。

【参考記事】運転もさせないほど女性軽視だったサウジ、次の手が飛躍しすぎ

ニュース速報

ビジネス

香港金融管理局が市場介入、米国取引時間に21.59

ビジネス

大塚家具株が軟調、身売り交渉難航と報道

ワールド

イタリア閣僚、2019年度予算を協議 債務削減と財

ビジネス

コカ・コーラ、元NBAスター選手支援のスポーツ飲料

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月