最新記事

動物

ラクダの美容整形禁止! サウジの「ミスコン」でボトックス注射が問題に

2018年1月24日(水)18時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

今年も多くのラクダが美を競い合った Faisal Al Nasser-REUTERS

<美しいラクダは超高額で取引されるため、唇に「痩せ薬」を注射する飼い主が出現>

子供やペットがコンテストに出場するとき、常識外れにお金をかけてしまう人はサウジアラビアにもいた。ヒトコブラクダ(以下、ラクダ)が身近な存在である同国では、所有するラクダの美しさを競うミスコンテストが行われており、飼い主たちは優勝を目指し手と金を尽くす。

そんな中、美しさを極めようとする飼い主がラクダに美容整形術の一種であるボトックス注射を打つことが問題視され、ついに運営サイドから禁止のお達しが出た。NYのタブロイド紙「ニューヨーク・ポスト」が伝えたところによると、毎年行われている「ラクダフェスティバル」の期間中の品評会に出場した12頭のラクダが、ボトックス注射を打ったために失格となった。評価のポイントは唇、頬、頭や膝のサイズで、見た目が良く高い評価を受けたラクダは莫大な金額で取引される。

昨年のミスコンでは、薬などを使ってラクダの見た目を良くする参加者が報告されていた(ニュースハブ)。そのため、今年の参加者には新しいガイドブックを配布し、「唇に薬品が含まれていたり、身体のパーツが削られたり、本来の姿から不自然に変化したラクダは許可しない」と明記されていたという。

(ボトックス注射が発覚して失格になったラクダのニュースを伝える投稿)


英デイリーメールによると、期間中、ラクダの取引総額は5700万ドル(63億円)にのぼるという。金に目がくらんだ悪質な参加者の取り締まりは一層厳しくなりそうだ。

【参考記事】運転もさせないほど女性軽視だったサウジ、次の手が飛躍しすぎ

ニュース速報

ワールド

中国、環境改善へ無駄な消費抑制とごみ問題への対処必

ワールド

日中首脳会談、やる以上は問題解決につながる形で=菅

ワールド

豪首相、年内に訪中へ 貿易問題解消へ関係改善を模索

ワールド

メルケル独首相、中国訪問で相互市場アクセスや知的財

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 3

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 4

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 5

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 6

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 10

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月