最新記事

トランプ暴露本 政権崩壊の序章

トランプ暴露本の著者は「フェイク」ジャーナリストなのか?

Who Is Michael Wolff?

2018年1月16日(火)10時30分
ライアン・シット

『炎と怒り』著者としてNBCの『トゥデー』でインタビューに臨むウルフ BRENDAN MCDERMID-REUTERS


0123cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版1月16日発売号(2018年1月23日号)は、緊急特集「トランプ暴露本 政権崩壊の序章」。話題の暴露本『炎と怒り(Fire and Fury)』の知っておくべきポイントと無視できない影響力を検証したこの特集から、本の著者マイケル・ウルフのプロフィール記事を転載。果たして暴露本騒動はトランプ政権の終わりの始まりとなるのか?>

マイケル・ウルフは、記者人生で絶頂を極めたのかもしれない。

ジャーナリスト兼作家、今やメディアの寵児であるウルフは、メディア王ルパート・マードックや不祥事を起こした映画プロデューサーのハービー・ワインスティーンといった富豪や有力者を取材。執筆で得たコネでニューヨークのセレブに成り上がった。彼の恋愛はゴシップ誌のネタとなり、彼の著作はUSニューズ&ワールドリポート誌オーナー兼編集長モーティマー・ザッカーマンの称賛を受けた。

04年のニュー・リパブリック誌の人物ルポで、筆者のミシェル・コトルはウルフをこう評した。「典型的なニューヨークの権化で、ご執心なのは文化、スタイル、流行、そしてカネ、カネ、カネ」。ウルフにとって、億万長者ほどそそられるものはない、とコトルは書いた。それが事実なら、億万長者の政権について書くことほど興味深いことがウルフにあり得ようか。ウルフは今、『炎と怒り』で注目の的だ。

御世辞の上手な肖像画家

ウルフは熟練した生涯一記者だ。ニュージャージー州生まれで、新聞記者の母マーガレットと宣伝マンの父ルイスのもとで育った。大人になって仕事の経験を積むにつれて、両親譲りの才能を開花させた。

その経歴はニューヨーク・タイムズ紙の雑用係から始まった。続いてニューヨーク誌のコラムニスト、ガーディアン紙やハリウッド・リポーター誌、GQ誌イギリス版の常連筆者となった。これらのメディアは今回、軒並み『炎と怒り』の抜粋を掲載している。

USAトゥデー紙のコラムやバニティ・フェア誌の編集にも携わり、少しの間だけ業界誌アドウィークの編集長だったこともある。02年と04年に評論で全米雑誌賞を受賞。03年にも候補となった。07年には記事まとめサイト「ニューサー」を始めた。

それだけ派手な経歴がありながらも、いまツイッターやニュースサイトのレディットは『炎と怒り』を偽ニュースと非難する人にあふれている。攻撃材料として、ウルフの著作に対する過去の疑惑の数々が掘り返された。

レディットのトランプ板では、「偽ニュースどころか、偽コメントが人物の実名入りで書かれている」と告発されている。レディットのユーザーたちはブリルズ・コンテント誌(休刊)の告発記事を発掘。98年のウルフの著作『バーン・レート』に出てくる複数の人々がウルフは「発言を偽造、変更した」と暴露している。

08年には、ニューヨーク・タイムズのデービッド・カーもウルフのマードック評伝を辛辣に書評した。「ウルフの業績を歴史的に振り返れば、その問題点は、全てをお見通しであるかのような視点で書きながら、事実誤認が散見されることだ」

ニュース速報

ワールド

EU大統領、合意なき英離脱に警戒 希望失わず協議継

ワールド

焦点:色あせる中国「一帯一路」、国際金融の舞台で矢

ワールド

EU離脱交渉、アイルランド国境問題で頓挫してはなら

ワールド

スペイン景気回復、ピークの可能性 下方リスクも=E

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    ハーバードの「キャリア相談室」で涙を流すエリート…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月