最新記事

核・ミサイル開発

北朝鮮のミサイル実験が失敗した意味

A North Korean Missile Hit a City

2018年1月12日(金)15時10分
アンキット・パンダ(ディプロマット誌編集者)、デーブ・シュメラー(ミドルベリー国際大学院モントレー校ジェームズ・マーティン不拡散研究センター)

時計の針は巻き戻せない

ミサイル発射実験に関する数点の画像は、先制攻撃と武力衝突の防止を試みるアメリカとその同盟国にとって、北朝鮮によるミサイル発射実験の準備行動に関する判断材料となる。その中には、IRBMを設置した輸送起立発射機の車両の前に金正恩が立っている写真もあった。

アメリカとその同盟国にとって、これは大きな警鐘だ。主流の見方に反して、北朝鮮のミサイルは発射台に据え付けられたままではないことを示している。

さらに格納庫やトンネルが建設されたり、収容施設が拡大されたりしたのが北倉飛行場だけだとは考えにくい。同様の施設が北朝鮮全土に存在する可能性は高い。

北朝鮮は昨年、多種多様な戦略兵器の実験を行っただけでなく、これまでになくさまざまな施設から発射した。金正恩が新浦、東倉里、元山など、限られた基地だけで発射を見守っていた時代はもう過ぎ去った。

火星12、14、15型のようなミサイルは全て液体燃料を使用しているため、発射前に燃料を充塡しなくてはならない。アメリカの情報機関がその動きを察知することはできるが、早くても発射の2~3時間前だ。

北朝鮮には、さらにやれることがある。例えば燃料を充塡するときは堅牢な格納庫内部でミサイルを水平にし、輸送起立発射機を使用して発射準備をしていると分かる動きを減らすといったことだ。

北朝鮮ではIRBMやICBMの生産が続き、さまざまな施設に多様な核兵器が配備されるだろう。北朝鮮に報復攻撃をさせないほど包括的に無力化する先制攻撃を行うことは不可能に近くなる。

そしてもちろん、北朝鮮の弾道ミサイル計画について時計の針を巻き戻すことは、とっくの昔に不可能になった。

本誌2018年1月16日号[最新号]掲載


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

From thediplomat.com

ニュース速報

ワールド

OPEC、日量100万バレルの小幅増産で合意 7月

ビジネス

ルノーによる三菱自・日産の「完全子会社化はゼロ」=

ビジネス

TLTRO早期償還はわずか=ECB

ワールド

不法移民の子供、親と一緒でも拘束避けるべき=国連人

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 5

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 6

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月