最新記事

核・ミサイル開発

北朝鮮のミサイル実験が失敗した意味

A North Korean Missile Hit a City

2018年1月12日(金)15時10分
アンキット・パンダ(ディプロマット誌編集者)、デーブ・シュメラー(ミドルベリー国際大学院モントレー校ジェームズ・マーティン不拡散研究センター)

火星14型の最初の発射実験成功を記念して昨年7月に開催された式典で、弾道ミサイル計画の歴史を詳細につづるスライドショーが上映されている。ここには、現在の最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)の祖父の金日成(キム・イルソン)が初期のミサイルを視察する画像も盛り込まれていた。

ほぼ時系列に画像をつなげたスライドショーの終わり近くに、ご丁寧にも4月28日の北倉飛行場の実験をはじめ、失敗した3回の火星12型発射実験現場を金正恩が視察している写真が入っていた。

写真の構成は、発射実験が成功したときに国営メディアで公開するものにそっくりだった。もし4月の発射実験が成功していれば、その直後にこれらの写真が朝鮮労働党機関紙の労働新聞に掲載されていただろう。

28日に発射されたミサイルは北倉飛行場付近から北東に約39キロ飛び、徳川の町の建物に損害を与えた。このミサイルは、成功すればロシア海岸近くの日本海北部に着水するよう設定されていたのかもしれない。火星12型が初めて成功した昨年5月の実験では、この着水地点が使われている(ただしミサイルの発射は北倉ではなく、亀城から行われた)。

グーグルアースで複合施設の衛星画像を見ると、以前はフェンスに囲まれた建物があった場所が破壊されていることや、瓦礫が落下した建物に近い温室の一部が壊れていることが分かる。

nkmissile02.png

ミサイルの発射失敗で損害を受けた徳川市の現場の様子を示すグーグルアースの画像 Google Earth

この現場を高頻度で撮影した衛星画像を精査すると、建物に変化が起きた時期は4月26日から29日の間であることが分かる。発射実験が行われて失敗したとみられる日付と合致する。

火星12型のような液体燃料ミサイルは、高揮発性の推進剤と酸化剤を組み合わせて着火するため、大規模な爆発を引き起こす可能性がある。4月28日の発射実験では、エンジンが故障した後、ミサイル本体が残ったまま墜落したため、徳川のこの地域では衝撃で大きな爆発が起きた可能性が高い。

この発射失敗で人命が失われたかどうかを検証するのは、ほぼ不可能だろう。実験が行われた時刻と墜落場所を考えると、死傷者はほとんどいなかった可能性もある。

そうはいっても、徳川の事故現場は住宅や商業施設に近い。軌道のわずかな違いで、人口密集地でさらに致命的な事故を引き起こす可能性もあった。

ニュース速報

ビジネス

ドルほぼ変わらず、米10年債利回り3%突破に反応薄

ビジネス

武田、シャイアー買収で暫定合意 25日にも発表へ=

ビジネス

米国株式市場は下落、長期金利上昇で企業の資金調達に

ビジネス

ヘッジ付・オープン外債増加=明治安田生命運用計画

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わる!

  • 4

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 5

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 6

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 7

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 8

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 9

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月