最新記事

動物

[動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

2018年1月11日(木)14時00分
デーナ・ダビー

ザトウクジラのジャンプは有名。知的な「遊び」という説も Mike Hutchings MH-REUTERS

<長年クジラの保護活動をしてきた女性ダイバーも初めて見る驚きの行動で、迫りくるイタチザメの脅威から必死に彼女を遠ざけた>

「人間の最良の友」という言葉は、犬だけでなくクジラにもあてはまるかもしれない。ザトウクジラがサメの攻撃からダイバーを守ったのだ。

救われたダイバーは海洋生物学者だが、ザトウクジラのこうした行動を見たのは初めてだという。幸いにも、この奇跡的な出来事は一部始終、水中カメラにとらえられていた。

驚くべき出会いが起きたのは、南太平洋に浮かぶクック諸島の主島ラロトンガ沖。下の動画でおわかりのように、体重25トンの巨大なクジラが海洋生物学者のナン・ハウザーに近づいてきて、彼女に寄り添うように泳ぎ始めた。と、突然クジラはひれでハウザーを押しのける。

とっさに何が起きたのか分からなかったと、ハウザーは言う。体長4.5メートル程のイタチザメがすぐそばにいて、クジラが自分を守ってくれたと気づいたのは、しばらく経ってからだ。無事に船に戻ったハウザーは、動画のラストで、クジラに「私もあなたを愛している」と呼び掛けている。

「クジラが近づいてきたときは、何をしたいのか分からなかった。10分程私にまとわりつき、押しのけ続けた。とても長い時間に思えた。ちょっと怪我もした」と、ハウザーは英オンライン紙インディペンデントに語った。

守るつもりが守られた

クジラは「私を頭やお腹、背中の上に乗せようとしたり、巨大な胸びれで私を抱え込もうとした」と、ハウザー。28年間水中でクジラを調べてきたが、こんな行動は見たことがないという。

ザトウクジラは「歌うクジラ」として知られる。仲間とのコミュニケーションのために水中で発する複雑で物悲しげな音は歌のようで、ときには何時間も続く。何を訴えているのかは分からないが、求愛コールの一種だろうと科学者たちは考えている。

巨大な体で水上に飛び出すザトウクジラの「ブリーチング」は壮観だ。体に付いた寄生虫を振り落とすための行動という説もあるが、理由ははっきり分かっていない。知能の高いクジラのこと、最近の調査では、遊びとして楽しんでいる可能性も指摘されている。

かつては絶滅が危惧されたこともあったが、個体数は着実に回復。今では大半の個体群が絶滅危惧種リストから外されている。

クジラが本当にハウザーを守ろうとしたのかどうかは確かめようがないが、彼女にとってこの出会いが忘れがたいものになるのは間違いない。「28年間クジラの保護に取り組んできたが、まさかクジラに守ってもらえるなんて夢にも思わなかった」




ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 2

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 6

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 7

    ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

  • 8

    なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラー…

  • 9

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 10

    感染広がる反ワクチン運動から子供を守れ(パックン)

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 10

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月