最新記事

アップル

次世代iPhone3機種はコスパ重視、iPhoneXは生産停止?

2018年1月24日(水)15時17分
デニス・モレノ

昨年9月、アップルのティム・クックCEOはiPhoneXこそ次世代の技術だと言ったが Elijah Nouvelage-REUTERS

<9月にも発売と噂の次世代iPhoneは、iPhoneXの失敗を踏まえたものになる。iPhoneXは生産停止の噂も>

2018年に発売されると噂される「iPhoneの6.1インチモデル」に関する新情報が明らかになった。アップル関連ニュースサイト「マック・ルーマーズ」が、KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオの調査ノートを報じた。

アップルは2018年9月に、6.1インチモデル、5.8インチモデル、大型の6.5インチモデルのiPhoneを発売すると見られている。この3モデルは、2017年秋に発売された「iPhone 8」と「iPhone X」に続くものだ。2018年のモデルには、顔認証システム「Face ID」などの、iPhone Xの機能が搭載される見込みだ。

新モデルはiPhoneXに似たものになると噂されているが、6.1インチモデルには、iPhone Xの2枚重ねロジックボードとL字型電池パックは搭載されない。その代わり、iPhone 8と「iPhone 8 Plus」で見られるような、標準的なロジックボードと、長方形の電池パックが使われる見込みだ。

価格はiPhoneXより下

調査ノートは、アメリカでの6.1インチモデルの販売価格は700~800ドルとしている。6.1インチモデルの発表時期は9~10月ごろで、あわせて5.8インチモデルと、「iPhoneX Plus」と銘打たれた6.5インチモデルも発表されるとしている。また、6.1インチモデルの出荷数はiPhoneラインナップ全体の50%前後を占め、2019年まで堅調な売れ行きを維持すると予想されている。

iPhone Xは1000ドル前後と高価だったが、6.1インチモデルはそれより安くなる見込み。価格を下げるために、次期iPhoneの6.1インチモデルでは、アルミ製のフレームとシングルレンズカメラが採用され、「3D Touch」機能は搭載されない。また、有機EL(OLED)ディスプレイではなく、液晶(LCD)ディスプレイになる見込みだ。2018年に発売される他の2モデルについては、有機ELディスプレイが使われると噂されている。

クオは調査ノートのなかで、次のように述べる。「6.1インチモデルの価格予想は650~750ドルから700~800ドルに上方修正する。出荷台数予測については、ポジティブな見方を維持する」

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円半ば、アジア株安で円堅調

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時500円超 2

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ワールド

ドイツ、核廃棄条約存続でNATOに協力要請へ

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月