最新記事

アップル

次世代iPhone3機種はコスパ重視、iPhoneXは生産停止?

2018年1月24日(水)15時17分
デニス・モレノ

昨年9月、アップルのティム・クックCEOはiPhoneXこそ次世代の技術だと言ったが Elijah Nouvelage-REUTERS

<9月にも発売と噂の次世代iPhoneは、iPhoneXの失敗を踏まえたものになる。iPhoneXは生産停止の噂も>

2018年に発売されると噂される「iPhoneの6.1インチモデル」に関する新情報が明らかになった。アップル関連ニュースサイト「マック・ルーマーズ」が、KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオの調査ノートを報じた。

アップルは2018年9月に、6.1インチモデル、5.8インチモデル、大型の6.5インチモデルのiPhoneを発売すると見られている。この3モデルは、2017年秋に発売された「iPhone 8」と「iPhone X」に続くものだ。2018年のモデルには、顔認証システム「Face ID」などの、iPhone Xの機能が搭載される見込みだ。

新モデルはiPhoneXに似たものになると噂されているが、6.1インチモデルには、iPhone Xの2枚重ねロジックボードとL字型電池パックは搭載されない。その代わり、iPhone 8と「iPhone 8 Plus」で見られるような、標準的なロジックボードと、長方形の電池パックが使われる見込みだ。

価格はiPhoneXより下

調査ノートは、アメリカでの6.1インチモデルの販売価格は700~800ドルとしている。6.1インチモデルの発表時期は9~10月ごろで、あわせて5.8インチモデルと、「iPhoneX Plus」と銘打たれた6.5インチモデルも発表されるとしている。また、6.1インチモデルの出荷数はiPhoneラインナップ全体の50%前後を占め、2019年まで堅調な売れ行きを維持すると予想されている。

iPhone Xは1000ドル前後と高価だったが、6.1インチモデルはそれより安くなる見込み。価格を下げるために、次期iPhoneの6.1インチモデルでは、アルミ製のフレームとシングルレンズカメラが採用され、「3D Touch」機能は搭載されない。また、有機EL(OLED)ディスプレイではなく、液晶(LCD)ディスプレイになる見込みだ。2018年に発売される他の2モデルについては、有機ELディスプレイが使われると噂されている。

クオは調査ノートのなかで、次のように述べる。「6.1インチモデルの価格予想は650~750ドルから700~800ドルに上方修正する。出荷台数予測については、ポジティブな見方を維持する」

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月