最新記事

ヘルス

「うんちカプセル」のすご過ぎる効果

Taking a Poop Pill

2017年12月25日(月)12時15分
ケイト・シェリダン

恐い感染症を「便カプセル」で手軽に治療 Baluchis/iStock.

<弱った腸に健康な人の便を移植して耐性菌をストップ――画期的な治療法が経口カプセルでもっと手軽に>

抗生物質が効きにくいクロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)は下痢や吐き気を引き起こし、死に至ることもある腸の病気。その治療に絶大な効果があるとして近年、他人の便を腸に移植する治療法が大きな注目を集めている。

CDIの原因菌であるクロストリジウム・ディフィシル菌に感染するのは、多くの種類の細菌に効果がある抗生物質を使った結果、有害でない腸内細菌までいなくなってしまうせいだ。米疾病対策センター(CDC)によれば、アメリカでは年間50万人が感染、1万5000人が死亡する。「院内感染による下痢の最大の原因」だと、アルバータ大学(カナダ)のディナ・カオ准教授は言う。

だったら腸が健康な人の便を移植して腸内環境を整えよう、というのが便移植療法だ。ぞっとするかもしれないが、大きな効果が期待されている。

13年に実施された比較臨床試験では、便移植療法を受けた患者は予想を大きく上回る回復ぶりを示した。カオらの研究でも治癒率は約90%。「すご過ぎる。薬ではここまで効かない」と、カオは言う。

もちろん、他人の便をそのまま移植するとなると抵抗を感じるのが当然だ。その点、必要な細菌だけを集めた経口カプセルなら不快感が多少は和らぐのではないか。

そう考えたカオらは、成人のCDI患者116人を対象に経口カプセルの有効性を検証。内視鏡による便移植と効果が変わらないことを突き止め、11月28日付の米国医師会報で発表した。

カオらの研究はこの療法に向いている患者ばかりを選んだ可能性はあるものの、総じて信頼できると、自身も便移植療法を研究しているマサチューセッツ総合病院のエリザベス・ホーマンは指摘する。「今回の結果は最善の場合のシナリオ」だが、「経口カプセルの有効性を検証し、内視鏡を使わずに高い治癒率を実現できると示した点は評価できる」。内視鏡や麻酔を使うと患者の体への負担が重くなるという意味でも、この結果は大きな意味を持つ。

ニュース速報

ビジネス

日立子会社の英原発建設計画、欧州委が環境面で「肯定

ワールド

オランダで音楽フェス終了後の会場に車が突っ込む 1

ワールド

ロンドン市など、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止前

ワールド

さらなる被害顕在化、先手先手で対応を=大阪北部地震

MAGAZINE

特集:米朝会談 失敗の歴史

2018-6・19号(6/12発売)

和解と決裂を繰り返し3度も戦争の瀬戸際に迫った30年の交渉の歴史から米朝首脳会談の行方を読み解く

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始まる

  • 2

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 3

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 4

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 8

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 9

    サッカー選手もアイドルも ウイグル絶望収容所行き…

  • 10

    安倍首相「北朝鮮非核化の費用は日本も負担 経済援…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

  • 4

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 7

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 8

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 9

    「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

  • 10

    海外で見た酷すぎるクールジャパンの実態~マレーシ…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女児型セックスロボットは社会の敵

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月